【リガーデン】住宅建設時に整備された外構の総仕上げ

 

最初はこの様なアプローチだけが整備された状況でした。

P1010518

この住宅とアプローチを引き立たせる外構として、今回手をいれさせていただいたものです。

 

P1030901

ご覧の通り、RCウォール、人工芝、物置、デッキ、植栽をバランス良くレイアウトし、シンプルながら全体の印象が高まる様にしています。

 

P1030899

デッキは三協アルミのひとと木2。明るい色味とシルバーの束柱で品のあるワンポイントとなっています。

 

P1040043

また、雑草が生い茂っていたスペースは、勾配の強いところだったために法面が増えることを抑え、土留を設置。その場所は雪の堆積場所としても活用できるように、防草シートと化粧砕石(士別産)でさっぱりとさせました。

 

また、駐車スペースにはYKKAPのジーポートneoというカーポートを設置。

こちらも敷地の傾斜が強いため、柱の場所により長さを変えて、梁下有効高を維持できるように対応しています。また、住宅壁の印象をより高めるために、鼻隠しは木調色をチョイス。

ちょっとしたワンポイントですが、高級感を持たせるには効果的です。

ちなみに物置はイナバ製。

扉の色は爽やかなホワイトでアプローチの圧迫感を減らしています。

P1040251

 


 

この様な感じに、もともとあったアプローチ等を生かしたリガーデンをさせていただきました。

P10402492

P1040255

シンプルな中に品があって良い出来栄えとなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください