ウッドルーバーフェンスの巻

塀が欲しい。でも予算が・・・。

 

という場合に、このようにウッドルーバーフェンスを混ぜて施工することが良くあります。

 

P1080449

 

こうすることで、塗り壁の面積も大幅に減らすことができるので、大幅にコストを下げることが可能です。

 

そしてこのウッド製ルーバーフェンスは一般的な既製品サイズである1.8×0.9mの寸法。

 

心配なメンテナンスに関しては、冬期間は奥様でも簡単に取り外すことができ、物置などにしまってしまうことで劣化も防ぐことができます。

 

そして、いよいよ色あせ等が進行したら、塗るのも良し、面倒であれば既製品を買ってきて取り替えてしまうのもアリ!というコンセプトです。

 

その取り外し方は企業秘密・・。

というほどの大げさなものではありませんが、弊社が長年培ってきた経験から随分と進化しているものです。

 

 

P1080446

 

 

P1080443 P1080457

 

こんなやり方もあります!というご紹介でした。

 

《専務取締役 平野》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください