3枚足りな~ぃ。

作業を中抜けしていた塀の養生期間も終わり、いよいよ最後の仕上げに久々に伺った札幌の現場!

 

エスビックのパラレルというインタロッキングの30㎝バージョンを広範囲に敷き詰める。

 

途中、塩ビ管や汚水桝の蓋等が出てくるので、高さを合わせ平板をくり抜き・・・・

 

インタロッキングくりぬき.jpg

 

 

って、、、

 

このくり抜くのが至難の業!

 

 

正に職人のなせる技術・・・

 

適当じゃなくて、こだわって丸くくり抜くわけですが、異様に時間がかかる。

 

数も結構多いので大変なんですが、まぁ、このこだわりが当社の自慢でもあるわけです。決して、四角くくり抜いて、隙間をモルタル詰めて!なんてプライドにかけてもやるわけにはまいりません!日頃より価格とスピード勝負の”ヤッツケ仕事”はしたくないなと思っておるわけで。

 

そして、コンクリートを切断するともの凄い埃がでるのですが、最近のカッターは・・・

 

エンジンカッター(水).jpg

 

こうやって、エンジンカッターに水道ホースが接続できる。

 

これで埃がたたなくて、見事にクリーンな現場環境ができあがる!(まぁ、全てがこのタイプではないので、小さなカッターを使ったりすると、やはり集塵機がなければ周囲にご迷惑がかかってしまうんですが。)

 

 

 

で、、今日はワタワタと作業は進み、門前のアクセントツリーとなるコニファーのエメラルドも私の車に積んで運び、、、何とか今日で最終仕上げまでいけるかな!と話していたら・・

 

 

 

現場担当者のコンちゃんがぼそりと・・

 

 

「足りない」

 

 

と一言・・。

 

 

 

 

なんと、この30㎝角のパラレル平板が8枚足りない!

 

 

実は先日も塀の養生に入る前にギリギリまで敷いてしまおうという作戦だったのに枚数が足りなくて追加発注したばかり。

 

 

結局、今回は大事をとって多めに取ったはずが、切断加工の多さゆえ、ロスが多量に発生し足りなくなるという大失敗。

 

 

 

このパラレル平板、30㎝角はほとんど目にする事がない珍しい規格ですが、その珍しさが仇となり、北海道在庫は残り5枚しか無い!何とか5枚は引き取りにいったものの、やっぱり足りない・・・

 

 

 

 

来週頭頃に本州より入荷です・・・(涙)

 

 

 

 

 

「あぁ、、3枚たりなぃ・・・。」

 

 

 

 

 

お客様、誠に申し訳ございません。

 

再度、もう少々お待ち下さい(涙)

 

たまにこんな失敗が重なる事もあるんです(汗)

 

あぁ、恐縮です。本当に申し訳ないです。

 

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください