立体展!

北海道立近代美術館で開催されていた、北海道 立体表現展’08が日曜日で最終日だったもので、家族で行ってきました!(子どもにも美術の英才教育を!などという目論見もあったとかなかったとか・・・)

 

先日のレールを運んだ投稿とか、その後のレールの様子などでご紹介した通りでして!

 

やっぱり最終日だし、これは一見の価値ありだろうという事で行ってきたのです。

北海道立近代美術館.jpg

 

その中に入ると・・・

 

真っ先に飛び込んできたのが佐々木けいし准教授の例の作品!まぁ、、床にデンと置いてるだけなのですが、これが芸術なのですね??と言う感じ。

立体展1.jpg

 

他にも立体展だけあって、立体展2.jpg

 

色々なものがあるわけです。

 

実は、絵画と違って、どう感じれば良いのかがあまりわからず・・・(汗)

 

絵とかだと純粋に「うぁ、、凄い」とか、比較的わかりやすいじゃないですか!(それも抽象画とかになると、また弱いけど・・)

 

それが、この立体造形になると、作者の意図と思惑がどうにも咀嚼しにくいんですねぇ(汗)。。きっと作者的には自由に感じてください!という事でOKなのでしょうけど。閲覧素人としては、何か見るときの軸がないと見方も悩むようなもので・・・(私の修行が足りないのは明白ですけどね)。

 

立体展3.jpgしかしながら、子どもの方が自由に見るんでしょうねきっと。

 

この木でできた造形も、「これ庭に欲しいねぇ♪こうやって遊べるしょ!」とリンボーダンスをイメージする始末(笑)

 

やっぱり子どもの方が何にも縛られず、この木の造形だけで迷路になったり、リンボーになったりとかなり自由に解釈してました。

 

 

とは言え・・・

 

飽きるのも早く、最後は美術館の外でトンボ取りに夢中!

 

ってか!このモノトーンのトンボって何ですかっ???・

tonbo.jpg

 

こんなトンボ、初めて見ました。

今年はこの越冬糸トンボと言い、なんとも初トンボに縁があるようで・・・

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください