吹雪視界情報

先日の除雪ボランティアで一緒になった、独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所 寒地道路研究グループにお勤めのO氏からご紹介いただきました。

 

そのお仕事は下記のような取り組みを進めており、現在サイトで地吹雪情報やその予測など、通常の天気予報ではわからない、北国ならではの情報を発信しているとのことです。

 

fubuki

 

http://northern-road.jp/navi/touge/fubuki.htm

 

早速サイトを覗いてみると、本日の午前中はそれなりの地吹雪の可能性があるが、午後から夕方にかけて視界は良好になってくる予測のようです。

 

道路を走っていても、突然のホワイトアウトが発生する北海道ならではの便利サイトかもしれません。また、各路線の通行止め情報等々も充実しています。(スマホ、携帯電話専用サイトもあります)

 

是非、ご活用してみてはいかがでしょうか。

岩見沢市メールサービスの”登録ノススメ”

これは登録しておいて損の無いサービスです。

http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/i/etc/mail/mail.htm

 

iwamizawacitymail

 

簡単なので、是非上記リンク先から登録してみてください。

一例として、どんな情報が来るかというと・・

続きを読む “岩見沢市メールサービスの”登録ノススメ””

オーセブンのサイトに。。

ここ数年の懸念事項だった弊社ホームページの整理・更新を微速ながら進めています。その過程で色々と整理、再編集をしている時にネット上で調べ物などをしていると「おやっ?」という記事が!

 

そう言えば忙しさに負けてブログで紹介出来ていなかったのだ!と気がつく・・。

 

という事で早速ご紹介させていただきます。

 

以前、全国で配布される冊子で弊社を紹介していただいた事はブログでも投稿させていただきましたが、今回はそのweb版でした。

 

o7int

http://www.o-seven.co.jp/?itemid=3269

 

リンク先を見ていただくと、何とも照れてしまうような事を書いていただいておりますが、こういう場に取り上げていただけると言うのは何より嬉しいことであります。

 

その関連で、弊社のオーセブン社におけるコンテストの受賞歴も見ることができます。

http://www.o-seven.co.jp/?itemid=2805

 

というので思い出したのが、今年度分のコンテストの締め切りが20日ということ・・。

 

残念ながら、私自身、余力が無さ過ぎて今年はエントリーできそうな状況にありません。弊社石川には「頑張ってみたら?」と伝えたものの、岩見沢は強烈な豪雪に見舞われ、ここのところずっと、、そして今も雪関連の現場に付きっきりでCADを操作する時間はどう考えても無さそう・・。

 

あとは秘密兵器の嫁さんにでもトライさせてみようかと画策中です(笑)

除排雪について

村松バンド恐るべし・・。(村松バンドとは

 

一昨年ほどではないにしても、かなりの豪雪に悩まされております。

 

弊社の事務所もお客様優先のため、すっかりドアが開かなくなり、人手不足につき社長を筆頭とする事務所直営チームで雪下ろし開始。

 

260115

 

事務所裏面が見事に「氷の世界」

 

さすがにこれだけ雪が降ると困るのは皆さん一斉のために、弊社の電話も良く鳴ります。結果として依頼が集中するものですから、どうしても先着順につき順番待ちが長くなってしまっています。

 

尚、1月15日現在の状況で、排雪、雪下ろし共に1月27日(月)以降までお待ちいただく事になりそうです。何卒お含み置きのほど宜しくお願い申し上げます。

 

料金に関してはリンク先をご覧下さい。

http://hi-tcos.jp/2013/12/16-112405.html

新年あけましておめでとうございます。

平成26年の幕があけました。

昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

 

昨年は政策の影響もあり、近年にない多忙な年となりました。
しかし、それが人不足、重機不足等々により、必ずしも好循環になったとは言い難い状況でもあり、弊社としても数多くの反省材料を残しました。

 

例年であれば、それほどお待せせずに工事着工できるものが、昨年はなかなかそれも叶わず、結果として長い期間お待たせしてしまう物件や、完成を今春に持ち越すものも出てきてしまう状況でした。

 

そのような状況下、多くの反省点、改善点も持ち越してしまったのが実情です。

今年はそれを踏まえて、より一層のご愛顧を頂けるよう、スタッフ一同努力していく所存です。

 

どうか本年も宜しくお願い申し上げます。

 


 

さて、弊社はここ数年、年賀状ではなくちょっと時期を遅らせて寒中見舞いとしてご挨拶をさせていただいております。

続きを読む “新年あけましておめでとうございます。”