【機能外構】みんなで遊べる広々バックヤードガーデン!

下の画像でも良くわかるように、とても広いバックヤードを手がけさせていただきました。

P1050307

 

今回のポイントは子どもたちが思いきり遊べる環境と、ご家族が外で集える場所づくりです。

メインとなる平板エリアは、下の大型平板が一枚99cm角なので、大雑把にカウントすると6m×4mの大きな長方形エリアが出現しました。

そしてその周囲には人工芝。その人工芝を囲うように、防草シートと化粧砕石の雑草抑制エリアがあります。

P1050296

ちなみに、99cm角コンクリート平板の内側には、SBICのソルベ(ホワイト)とパエリア636(ティンタ)による核スペースを設置。集まる中心を定めると共に、見た目の変化ももたらしています。

右側の窓下にちらりと見えるのが、三協アルミのひとと木デッキです。

こちらも暑い日には、ご家族がデッキに腰掛けてアイスでも食べられるようなイメージになっています。


 

P1050306

これだけ広いと遊具を置くのもらくらく。

またお子様の社交性や創造力を高める「砂場」も完備!

この地域は重粘土で水はけが悪いので、暗渠管を配して排水性を高めています。

P1050305


 

また、今回手をつけた部分で、道路との段差を擦り付ける法面(のりめん)の処置がありました。

どうしてもこの部分は雑草に悩まされてしまうので、今回は法面整形を行った後に、防草シートと人工芝で法面保護を実施。

 

P1050294

P1050309

この法面を何らかの方法で土留を行おうとすると、莫大な費用がかかってしまいますが、人工芝だと比較的リーズナブルに法面保護ができます。


 

と、このように、ご家族で遊べる素敵な空間ができました。

P1050295のコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください