【高級外構】高級住宅を引き立てるこだわり外構

ワイドな間口を持つ高級住宅。

住友林業の家ならではの重厚感を引き立てる外構デザインを心がけました。

P1040887

道路側から見える最初のインパクトはウォールとなります。

P1040885-2

住宅外壁のイメージと喧嘩せず、なおかつ存在感がでることを目指して、メインとなる化粧ブロックはSBICの【デュエット】のベージュを採用。それだけでは単調になるため、三協アルミの木目調のアルミフェンスと、ソロスクリーンによる穴を配置。

P1040905-2

また、2段構えとなる門塀として、デュエットと天然石貼りの【コルジェボーダー】を積むことで、玄関脇に高級感を増長し印象を引き締めます。

P1040944-2

 

そして、この門柱の奥には、庭へとつながる門扉を設置。

P1040941

この門扉は高さを合わせるべく、高さ加工をしてベストに収めています。

そしてこの門扉を開くと・・・

 

P1040924

この様な動線が開けます。

 

P1040938

このプライベートエリアのインターロッキングは、白さに定評のある【ソルベ】のホワイトを外周に配置し、内部は【パエリア】のアルメ色で30cm×60cmタイプをチョイス。

手前のレンガ砕と奥に見える天然芝のコントラストが美しい仕上がりです。

 

この土のエリアは、通称「どろんこエリア」とし、小さなお子様があえて泥遊びができるスペースとなっています。

P1040931

またその手前には、塀の控え柱を活用し、ちょっとしたベンチ&小物入れを設置しました。この木の蓋を開くと小物入れとなっています。

P1040930

 

外部に目を向けると、、

P1040891

玄関から正面に降りる階段とは別に、車椅子等でも出入りができるスロープがあり、そのウォールの前にはちょっとした変化のあるスペースを設けています。

ゴロタ石を敷き詰めた明るい床と、人工芝、インターロッキング、花壇という配置。中央の黒土にはお花を植えられるようにし、その両サイドのインターロッキングエリアは、ちょっとしたプランターや小物を飾れる場所としています。

 


 

機能性としては、変形L型3台用の特注カーポートを設置。

P1040879

将来的にキャンピングカーを購入しても入れることができるように、梁下有効高3mを確保。将来展開を見据えた寸法としています。

そしてこの脇には、目立たぬ場所ゆえコスト重視のブロックによる塀を設置。

P1040900

内側には控え柱を設けるスペースが取れなかったため、軽量ブロックではなく、中に鉄筋とコンクリートが一体的に充填できる型枠ブロックとし、通常より根入れを深くして対応しています。

そして、物置はジェンテックス〈シンプルホーム〉の特注版です。

P1040903

 


 

全体的に住宅とマッチした素敵な外構を手がけさせていただきました。

P1040881

P1040922

P1040899

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください