【高級外構】白タイル外壁を引き立てる爽やか外構フルコース

一条工務店の白いハイドロテクトタイルのお家。

その品のある佇まいを引き立てる外構を手がけさせていただきました。

P1030404

特徴的なアプローチはエスビックのパエリア3156というインターロッキングを斜め45度にラインを傾けて敷設。

比較的奥行きの短いアプローチに存在感をもたせることに製鋼しています。

また、色も2色使いとすることで単調さを抑え、なおかつシンボルツリーを核としてとても品のあるフロントヤードになっていると思います。

P1030583

このシンボルツリーの外周は御影のゴロタ石を敷設し、その前には人工芝を敷設することで爽やかさが一気に高まっています。また、イナバ物置の扉の色も大正解でした(画像では日陰ですが・・・)。

 

P1030425

(↑)アプローチと色違いのパエリアで四角を2つつくり、物置動線と見た目向上の両立を図っています。

 

P1030593

この様に、奥行きが少ない中で変化に富んだ素敵なフロントヤードになりました。

 


 

また側面の道路側に塀を設置しています。

P1030690

この白いタイルに合わせる塀はなかなか迷うのですが、今回はエスビックのスクーブという化粧ブロックの明るいグレーをメインに活用。それとカーポートや住宅窓枠とマッチするようにアーバングレーのアルミフェンスを設置しています。

また、特筆すべきは門柱部となります。

P1030418

白いブロックは天然石のコルジェボーダー。上から3段目に入っている四角いスクリーンは、同じくエスビックのグラニットスクリーン・デコーラという天然石を削り出したもの。

共に効果なパーツですが、外観を引き締めるとても良い効果を発揮しています。

また、この門柱の笠木は周辺の意匠に合わせアルミのアーバングレー色をチョイス。

統一感向上に一役買っています。

P1030708


全体的に綺麗にまとまった素敵な外構となりました。

P1030558

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください