【クールスタイル】シックでスタイリッシュな外構

セキスイハイムのシックな意匠の住宅に合わせた、クールな外構を手がけさせていただきました。

P1020729

ポイントは住宅の格好良さを引き立てる塀。

SBICのスマートCという一般的な化粧ブロックですが、ワンポイントをバランスよく入れることで、とても高級感のある仕上がりになります。

今回の格好良さを引き出す、一番のポイントはアルミ形状材によるメタリック感。

P1020861

住宅のサッシ等に使用されている色と、カーポート・門柱・塀の笠木を同色で合わせることで、ダークな色調の中に金属の光沢を織り込むことができます。

また、住宅壁のスクエアなパターンと、化粧ブロックのスクエアCの方形パターンが見事にはまっています。

さらに門塀には1列だけ明るい素材を入れることで、住宅の顔としてのインパクトを出せており、ここのグレーと、3箇所設置している塀の中の穴空スクリーンとイナバ物置の外壁のグレーが自然に溶け込む仕組みです。

P1020854

また、塀の中を覗き込むと・・・

 

P1020853

リビングの窓から見える位置に、人工芝とインターロッキングのフリーエリアを設けています。

P1020839

ここはオールラウンドペイブ・オリジナルを外周に、内側のみパエリアの3156サイズをはめています。色合いのテーマとしては、あまりシックさを強調せず、少しポップさが出るようにしているのですが、その理由は住宅の玄関ポーチデザインとのマッチングです。

P1020835

玄関ポーチのタイル模様が少し変わった印象なので、全体をクールにすると玄関がデザイン的に浮いてしまいます。そこで、このような緩衝的役割を持たせるデザインとしているのです。

P1020848
(↑)格好良さとポップさの絶妙なバランスで成り立っていると思いませんか?

 

そして最後はカーポートも紹介します。

P1020852

一般的な2台用アルミカーポートですが、実は通常の高さのものだと玄関ポーチ側から見た時に破風(屋根の側面)が視界に入って、強い圧迫感を感じてしまいます。それを避けるために、ロング柱タイプをチョイスし、玄関ポーチの天井高さがカーポートの梁の下端になるように高さ調整をしているのです。

これで見た目的にも高いバランスの取れた配置となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください