【高級外構】住宅をグッと引き立てる高級外構!

3Dパースはこちらから!


今回ご紹介するのは、土屋ホームさんのステキな住宅。

施主様のこだわりにお応えすべく、色々と小技を盛り込んだステキなお庭です。

ステキな住宅は外構をこだわると何倍にもグレードがあがる見本のようなお宅となりました。

DSC_0580


まずはアプローチをご紹介!

DSC_0601

DSC_0582

このアプローチは玄関前に設置したカーポートをぐるっと迂回するような曲線を描いています。

その仕切りレンガは塀笠と同じ製品でロイヤルパインブリックのパインオレンジを使用!

その明るい色合いと高い質感がアプローチと塀のイメージを統一させる役目を果たしています。

 

ちなみにインターロッキングはエスビック ロシェのジョーヌというカラー。

 

これも住宅の雰囲気にバッチリ合います。

 

2011-07-13 15.27.45

上からみるとこんなに豪快に曲線を描いています。

 

玄関から見ると・・。

DSC_0585

このように、細いインターロッキングのアプローチを補完するように乱形石のエリアをつくっています。これがカーポートへのショートカットになると共に、デザインに深みを持たせることに成功しているのです。

 

DSC_0625


また、この乱形石も、ただ貼り合わせていくのではなく、全ての目地を切断調整し、目地幅を均一にしていく敷き方を行っています。

 

もちろん、膨大な手間がかかりますが、見る人が見れば一発でわかるこだわりポイントになります。

 


 

駐車場に関しては、カーポートがメインとなるのですが、お客様が来た際に止める場所も必要!との事で、ウォールの前に土間コンクリートのサブパーキングを設置。

DSC_0595

 

DSC_0591

コンクリートは面積が広いと、収縮膨張によるクラック発生を押さえることができないので、今回は小さく3分割。

 

それぞれの隙間には超リアルな人工芝を張っています。

(右の写真を拡大すると枯れ草まで混じったリアルな人工芝がわかると思います)

 


 

DSC_0594

ウォールは強度に万全を期して型枠ブロックをベースにし、その上に塗り壁仕上げを行っております。中の小窓はソロスクリーンのベージュ!

 

これまた似合います。

 

塗り壁の色とロイヤルパインブリックの笠の色、そして、住宅とのコンビはかなり良い感じです。

 

DSC_0610

DSC_0609

この門柱にはアイアンサインが設置されています。

レンガの色むらもちょうど良いバラツキです。

 

ただ、このレンガの唯一の欠点(欠点というより、これも味の一つですが・・)は、焼き物ゆえ一個ずつのサイズが微妙に異なること。

どうしても笠にするとどちらかの面を合わせると、片側がガタガタになってしまいます。まぁ、、それもオシャレの一つですが♪

 

ちなみに、中に見えるサークルは、アクシアサークルのオールドストーン!大きめサイズの5周フルサイズです。

 

DSC_0589

また、塀の縁には、、、

このように、約5~10㎝の御影石を丸く角を落とした「ゴロタ石(サビ)」というものを敷いています。

ちょっと変化を持たせたい時など、便利な資材です。

 

 

 


DSC_0594

このラティスフェンスが何のためにあるかわかるでしょうか!

 

実はスチール製の物置の質感が全体のバランスを壊してしまうのでは?という懸念から、グレーの壁を目立たなくする役目が果たしております。

 

この物置はメインと玄関前の除雪道具などを入れるサブの二つがあり、その玄関側にも同じようにラティスで装飾されています。

DSC_0606

このラティスフェンスは冬期間はスライドレールで簡単に取り外せるようになっており、フェンスの交換もご自身で行えるシステムになってます。

 

DSC_0603今回はタクボ製のオレンジ色の物置を提案させていただいたのですが、これが見事にマッチしており、コストとデザインのバランスが取れています。

 

 

 

 


尚、周囲には防草シートが完備され、芝面以外はほとんどメンテナンスもいらない状況になっています。

 

 

今回のお宅はただでさえステキな佇まいを見せる住宅でありましたが、その住宅とお住まいになっているご家族の雰囲気を大切にデザインさせていただいた結果、見事にバランスの取れたステキ外構に仕上がったと自負しております。

 

こちらも是非、多くの人に見ていただきたい仕上がりとなっております。