【高級外構】栗山の素敵外構ご紹介!

栗山S邸着手前.jpg栗山市街の大きなお宅!

今年2軒目のクレバリーホームさんの新築物件です。

このお客様も縁あってホームページを見て声をかけてくださった方で、数回打合せを重ねていくうちに、色々と世の中が狭い事が判明(笑)

結構共通のお知り合いもいてビックリの方でしたw

初めてみた時は、この重厚なレンガタイルの壁に外構のイメージをする事ができず、一瞬戸惑ったのですが、、、ご夫妻と少しお話をしていく内に何となく頭の中にデザインが浮かんできたのです。

さぁ、、そのデザインとは!

 

とくとご覧下さい(笑)

 

栗山外構S邸完成1.jpg一番バランスがとれていて、雰囲気がわかるのがこの画像(→)です。

 

メインアプローチはクリーブランドペイバーのカッスルというチョコレート色のものを使用。その中に入るメインはインド産天然石のラジャスターンを敷き詰め、仕切とラジャスターンの間には、非常に面倒ながらも1枚1枚切断加工しながらクリーブランドノーザンペイバーというレンガを敷き詰める。↓

栗山S邸アプローチup.jpgそして、ヨーロッパゴールドと塀の間に位置するサブアプローチは、日頃お子さん達が通学の際などに出入りする入り口に!ここはサブといえども手が抜けない大事なポイント!

ここにはインタロッキングで、エスビックのロシェという我が社の定番ながら、寸法は10㎝×10㎝のミニサイズを使用!

 

栗山S邸サブアプローチ1.jpg栗山サブアプローチロシェ116.jpg

これがこの面積にジャストフィットして、とっても良い感じを醸し出してます。また、見た目の深みを出すために複数の色を吹き付けてつくるインタロッキング製品のため、サイズが20㎝のものよりも10㎝のものの方が色ムラも出やすいので、質感が上がります。

 

lineWP2.jpg

そして、ウォールも今回は特徴的です。

まずは住宅壁がこんなタイル!

栗山レンガタイルスリット.jpg

この壁に似合うブロックって何だ??塗り壁もイマイチだしなぁ。。RCの打ち放しにしようかな・・・と考えている時に出てきたのがコレ!

栗山S邸レイシャドー1.jpg

レイシャドーブロック見本.jpgエスビックの新製品!レイシャドーでした。

 

この縦スリットを共通イメージとしてアクセントを交えて積んでいけば絶対に格好良くなると踏んでのプラン!んで、それだけだとちょっとチープな感じになりそうだったので、古枕木とショコラレンガ積みの植樹桝を配置!

栗山s邸植樹帯&ヨーロッパゴールド.jpg

 

この→のような植樹桝を3カ所に配置する事で、色合いもバランスが取れ、尚かつアイアンポールを配置する事で、手前の門柱との根拠も関連づけできるのです。

 

栗山S邸アイアンポール1.jpg

どうです?なかなか素敵でしょう?

そしてその門柱というのが、今回はショコラブリックのシュガー!白華しているように見せている重厚なレンガでこれまた場所を選ぶのですが、どんどん行っちゃいます!

 

栗山S邸門柱ショコラ.jpgレンガ門柱だけでなく、その上にPCキャップとレイシャドーとの間にアルミFIXフェンスを絡める事で、住宅の重厚感とサイドウォールのアイアンポールとの位置づけもバッチリ!お陰で住宅全体のグレードを上げていく事ができるのです。

 

 

栗山S邸門柱花台.jpgんで、この門柱も内側から見ると寄せ植えのプランターなどを植えたら素敵だろうな!という花台を用意(笑)

きっと来春はとても素敵になってると思います。

こんなストーリーでウォールが出来ていますが、ここの現場のレイシャドーが2009年度のエスビックカタログに掲載される事が決定!

 

先日のブログでもご紹介させていただきましたが、もの凄く楽しみです♪

lineWP2.jpg

そして!!最後にお隣との境目には誤って車両が進入してきたりしないように!また、境界線をハッキリさせるために枕木でちょっとした仕切を設置。

栗山S邸隣との境目(枕木).jpgこの場所は防草シートと化粧砕石を剥がせば将来的に花壇にも出来ちゃう設定!

当面はメンテナンスがいらないように、このようになってます。

lineWP2.jpg

こんな感じで、色々とこだわりを取り入れた現場です。

私的には今までの雰囲気と異なる住宅を手がけられた事により、ちょっと頭の中で引き出しが増えたような感覚をさせていただいた現場です。あとは、住宅の裏側のプライベートスペースを手がけて、フロントヤードに素敵なカーポートでも付けば完璧なバランスになると思ってます。

とりあえず、現状でもとっても目を惹く、高級感倍増の外構が出来上がっております。

最初に悩んだのが嘘のよう(笑)

カタログも楽しみ♪

とっても素敵なお宅なのです。。