ぷらぷら まち歩きin岩見沢

ぷらぷらまち歩き = ”とっても新しいタイプの地域を巡るツアー!時速4㎞の視点で、まちを歩くと、新たな発見が!”という事で、今回、空知管内13の市町でこのぷらぷらが開催されるのですが、平成27年10月25日(日)はこの岩見沢の出番です。

 

その案内役は、ご心配満載かもしれませんが、何と私となります(笑)

集合は13時00分!1条通りにある炭鉱の記憶マネジメントセンターです。

テーマとしては知らない内に【"私"の岩見沢市街地と岩見沢駅】となっておりますが、せっかくなので期待に応えたいと思っています。

 

現在のところ、まだまだ詳細まで考えていませんが、せっかくなのでこんなルートではどうかと朧気に考えています。

 

①炭鉱の記憶メネジメントセンター出発

②殆ど誰も知らない岩見沢駅の「へぇ~!」をじっくりとご紹介!

③自由通路を北に渡り、岩見沢の価値として非常に大事な岩見沢レールセンターを外観から眺めて、その建物の凄さや当時のことをご紹介。

④普段はなかなか見る事のできない(私も初めて!)岩見沢指定文化財の旧国兼邸の内部も見学!昔の歪んだ硝子や各種こだわりの飾りなど、古き良き時代を感じることが出来るはず。

⑤官営の休泊所を払い受け、狩野末治氏が岩見沢定住第一号となったと言われる発祥の地公園を歩き

⑥岩見沢の最初の繁華街である元町の元遊郭通りでもご案内?

⑦ぷらぷらと最初の岩見沢駅ができたと言われる辺りを通りつつ、跨線橋から炭鉱の記憶マネジメントセンターへ

 

という感じでどうかな??と考えております。(当然、検証しつつ変更するかもしれませんので、最終的に確定したら再度記載させていただきます。)

 

このルートに関しては、炭鉱の記憶マネジメントセンターのスタッフの皆さんと相談しつつ、自分の足でも歩いてみて確定させていきたいと思います。

 

そらち13ぷらぷら速報.ai

 

という事で、10月25日(日)は「ぷらぷら まち歩き in岩見沢」です。他のまちでも上記フライヤーの通り開催されていますので、是非ご参加ください。とってもマニアックな内容でワクワクすると思われます(笑)

 

あと、現在開催中のそらち炭鉱の記憶アートプロジェクト2015もあります。

是非、自分たちの住む地域の生い立ちを垣間見る機会を楽しんでみては如何でしょうか。

 

《平野》

線路の灯り2015

平成27年8月1日(土)18:30~

 

【私からの超お勧めのイベントのご案内です】

 

三笠幌内線跡に2.5㎞の区間、ロウソクの灯された線路をトロッコが走っていく幻想的なイベント(徒歩も可)です。正直、独り占めしていたいほどのノスタルジックな雰囲気ですが、独り占めすると無くなってしまうので、是非多くの方々に見ていただきたくPRします。

 

過去のブログ(https://hi-tcos.jp/2012/07/21-110518.html)

 

線路の灯り2015フライヤー表

線路の灯り2015フライヤー裏2

 

毎回、準備の時間に間に合わず、現場に遅れて到着すると、ついトロッコに乗りたくて仕方なくてお客さんモードになってしまう反省点から、今年こそは17時の準備開始に間に合うようにクロフォード公園に行こうと思っております。

 

まだ見たことが無い方は是非とも足を運んでみてください。

 

18:50分のナイトトロッコに乗ってロウソクが灯る幌内線を走り、鉄道村で19:30発のナイトトレインSL-S304号に乗ると、何とも懐かしいような石炭の香りとノスタルジックで迫力のある汽笛の音で感動すること間違いなし。

 


 

日本の近代化に大きく貢献した幌内鉄道。
岩見沢が発展するきっかけになった場所でもあります。

 

明治元年に三笠幌内にて偶然燃える石の「石炭」を発見し、明治6年にアメリカの地質学者ライマンが幌内煤田を調査。

 

明治9年には、幌内炭鉱に伊藤博文、山県有朋、寺島宗則ら明治の重鎮が巡検。

明治12年、クロフォードが鉄道測量に着手。明治15年に幌内-手宮間の鉄道が日本で3番目の鉄道として開通。

 

その後、この石炭を運ぶために岩見沢を経由して小樽港や室蘭港に運ばれていったもの。

当時の賑わいに思いを馳せるのも良いものです。

 

派手さのあるイベントではありませんが、私はこの静寂の中にロウソクの灯りとトロッコの走行音、また鉄道村の蒸気機関車が奏でる音がとても心地よく感じます。

 

 

是非、足を運んでみてください。。

 

《専務取締役 平野》

施工例3軒更新。

なんとも飛び飛び更新になってしまっております。

エクステリア施工例ですが・・・。

 

sotoya施工例0320

http://www.hira-ken.com/sotoya/sotoya_top.html

 

 

やっとのことで3軒更新。

3月に入ったら1日1軒更新・・とか意気込んでいたのに、雪関連の突発工事にすっかり後回しになってしまっておりました。

 

かといって、明日から1軒ずつできるかというと・・・

 

それはまた別問題・・・(汗)

ふぅ。。

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

明日から毎週上映会。

NPO法人 そらち炭鉱(ヤマ)の記憶マネジメントセンターにて明日から毎週土曜日(一部日曜日)、貴重な記録映画等を上映する事となっています。

 

記録映像上映会(炭鉱の記憶).jpg記録映像上映会(裏).jpg

 

内容については上記画像をクリック拡大してご覧下さい。

 

なんと言っても普段見ることの出来ない記録映像ばかり!(とのこと・・)

 

そして、強烈なインパクトあるレア情報満載の生きるデータバンク、当NPOの吉岡理事長による解説付きという凄さ!

 

こういうのが結構気になる!的な人には聖地となるに違いないと思います。

 

 

「何となく入りにくいし・・。」と一度も炭鉱の記憶マネジメントセンターに入った事の無い方!

 

本当に温厚で良い人達ばかりなので、この機会に是非行ってみてください。

 

 

超オススメです。

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

夕張清水沢アートプロジェクト

私、明日(10月9日(日))は一日中ここにスタッフとして張り付きの予定です。

 

夕張清水沢アートプロジェクト表.jpg夕張清水沢アートプロジェクト裏.jpg

 

http://www.shimizusawa.com/

 

普段は見られないところまで見れちゃうチャンスも多々。。

 

予定のない方は是非来てみてはいかがでしょう?

 

 

 

ちなみに、、母体の炭鉱の記憶マネジメントセンターでは、先ほど紹介したトラス橋に関われる貴重な週末となってます。

 

 

ハシゴで両方みちゃうのも良いですね♪

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

夕張清水沢アートプロジェクト

9月4日(日)

 

台風の影響で豪雨の中、朝9時に岩見沢を出発。

 

途中、継立を過ぎたあたりで道路が急に乾き出す。

 

そう、夕張は朝からピーカン!!

 

そんな中、ズリ山の階段付け作業がはじまり、人海戦術の効果にて”あっ”という間にできあがる(笑)

 

夕張清水沢 ズリ山階段

 

どうですか、この素晴らしい出来(笑)

 

しかし、久々のスコップ&杭打ち作業は堪える・・・

 

続きを読む “夕張清水沢アートプロジェクト”

仙台より

エスビックの仙台営業所のH田さん。

 

北海道営業のついで(?)に、先日積んだビザードブロックの微修正をしにきてくれました。

 

しかも、仙台ナンバーのエスビック号にて(笑)

 

2011-07-13 13.51.05.jpg

 

その補修というのは・・

 

続きを読む “仙台より”

岩見沢観光ビジョン実行委員会準備会

昨年とりまとめを行った、岩見沢観光振興ビジョン策定委員会のキックオフプロジェクトとして、3つの事業を展開していくための実行委員会準備会が開催されました。

 

内容は大きく3つ。

 

1)岩見沢バラフェスタ

2)いわみざわ駅マルシェ

3)岩見沢の「たから」発見・発信プロジェクト

 

という内容になります。

 

 

今回のキックオフプロジェクトは、「どこかで誰かが知らないうちに勝手にやってる。」という空気にしたくないので、27日(金)に一般市民の参加を大歓迎とする事業説明を兼ねた第一回実行委員会を開催します。(場所は市民会館まなみーる・時間は18時開始です。少しでも興味を持たれたら是非来てみてください。)

 

そこで昨晩はNPO炭鉱の記憶マネジメントセンターの石蔵をお借りして、プレゼンの事前準備会を実施。

 

岩見沢観光ビジョン実行委員会事前会議.jpg

 

1)バラフェスタはホテルサンプラザの上田取締役が担当。2)の駅マルシェは私。。3)の「たから」の方は日頃より観光協会の事業等において活躍されている、組合印刷の小川社長が担当。

 

 

早速、それぞれのプレゼンを確認しました。

続きを読む “岩見沢観光ビジョン実行委員会準備会”