大雪による物置、ガレージ、カーポート、フェンス等の破損、修理について

〈令和3年3月19日投稿〉

例年であれば、かなり雪解けも進んで春らしくなっている時期ですが、今年の大雪は大変なものでした。よってエクステリアデザイン室SOTOYAの周辺も、まだまだ駐車場に大量の雪が山になっています。

IMG_0346

(↓)そして事務所とガレージの間は、完全に埋まっていたものの少し雪解けが進み、窓からの光も差し込むようになってきました。とはいえ、まだまだこんな状況。
IMG_0347

本年の寒中見舞いにも記載させていただいておりましたが、大雪の年は堆積した雪の重さではなく、雪解け時の沈降力で圧がかかり、その荷重のかかり方によって構造物が壊れてしまいます。

現在は雪解けが進むにしたがい、お客様からカーポート、物置、ガレージ、フェンス等の破損のご相談が数件届いてきている状況です。

今年の雪は9年前の豪雪と比較して、降り方も不思議な感じでしが、暖気と寒気の差が激しく堆積された雪にいくつも層ができています。この環境が住宅屋根に溜まりに溜まった雪が一気に落下して本来であれば届かないはずのところまで飛んできたり、例年はできない場所に巨大な雪庇ができて落下したり、はたまた激しい沈降力でフェンスが壊れるなど被害が大きくなっている様な気がします。

9年前の大雪の時と同様に、今後の雪解けに伴ってご相談が少し増えてくると思われます。ほとんどのケースで、お客様にてご加入の火災保険にて対応可能な場合が多いと思いますので、気になる状況がありましたら一度お問い合わせいただければと思います。

しかしながら、あまりにも数が多い場合はすぐには現地確認ができなかったり、お見積りにかなりの時間を要してしまったり、また保険適用が確定しても修理までにかなりの日数を必要としてしまったりする場合がありますことをご了承いただきたく存じます。

今年はあまりにも想定外の大雪でありましたが、この冬を経験し、豪雪地ならではのより壊れにくい外構という視点も大切にしていきたいと考えています。

ガレージやカーポート等の雪下ろしについて

〈令和2年12月16日投稿〉

今年は12月期において、観測史上2番目の積雪深となる大雪の岩見沢。
この地域に局所的に降雪をもたらす「村松バンド」が見事に機能してしまっており、この先が思いやられます。

さて、表題の件ですが。

よく言われる1.5m積雪対応とか、2m積雪対応などという表示。

実はちょっと気をつけなければなりません。

というのも、一般的な例として〈1.5m対応〉と謳っていても数値的には450㎏/㎡であり、すなわち1m×1mの範囲で450㎏の重さに耐えられるという数値のことになります。

ちなみにこの荷重想定は雪の比重として0.2~0.3g/cm3換算のため、サラサラの軽雪の場合に1.5mの想定です。湿雪だと0.5g/cm3を超えることもあると思いますので、80~90cmも積もれば限界数値に達してしまいますし、氷になると0.82~0.84g/cm3と言われますので・・・。もう計算が怖いですね。

当然、その基準を超えたらすぐに倒壊するような事を聞いたことはありませんが、今度は基礎が沈下する恐れもあります(岩見沢周辺は軟弱地盤が多いですからね)事をご了承ください。

ということで、私もこの3日間で140cmの大雪と予想された強烈な天候の合間を縫って、カスケードガレージの雪下ろしをしてきました。

IMG_8729

現在の岩見沢市の積雪深は107cmとのことなので、ほぼ同じぐらいガレージの上に締まった重めの雪が積もっておりました。となると、上記の計算でいけば、荷重ギリギリ?ということになりますね!

皆様もお気をつけください。

また、気をつけるというと、実は雪庇(せっぴ)も手強いです

特にアルミ製の破風がついているカーポートは、雪庇の荷重が偏り変形してしまうことがありますので、雪庇の張り出しに気がついたら、ぜひ落として上げてください。

そして今後、この大雪が暖気に見舞われるとフェンスの変形が心配です。



〈沈降力〉というのがキーワードになりますが、融雪時に周囲の雪が沈下していく力は強烈で、アルミのフェンスは変形し、ウッドフェンスは破損していくという恐ろしい現象です。

この構造と対策は三協アルミさんのサイトがわかりやすいのでご紹介しておきます。

ぜひ、雪と上手に付き合いながら、素敵な外構を楽しんでいただければ幸いです。

さて、冬は始まったばかりです。

毎日の車の雪下ろしにもウンザリされている方も多いかもしれません。来春以降のカーポート、ガレージ等のご依頼はお気軽にお申し付けください!

カスケードガレージが一部値上げになります。

〈平成30年3月23日投稿〉

カスケードガレージの2018年4月-2019年3月期のカタログが届きました。

28828054_1725150727544299_5285114374886789164_o

今年の大きな変化というと、車高の高い車用のNS-2500等のモデルが製造中止となってしまったこと、そして売れ筋であるNS-2000等が値上がりしたことがあげられます。

また、そのモデル整理に伴い、カタログの厚みも209ページから153ページへと薄くなりました。

ちなみに、どれぐらいの値上がりかと言うと、、

  2018年3月以前 2018年4月以降 備 考
NS-2000本体 402,000円 442,000円  
組立費 64,000円 70,000円  

という感じです。

各種オプションやガレージも、モデルによっては価格据え置きとなっております。

何とも近年は鉄の価格も上がってきているとのことから、日江金属さんも一部値上げとなった様です。

弊社でお見積り済みの物件において、3月中に確定できるものに関しては価格据え置きでご提供可能ですが、4月を超えると新規価格となってしまいます。何卒ご容赦いただければ幸いです。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

ガレージの棚

弊社インスタグラム(https://www.instagram.com/p/BKW4nLVArrN/?taken-by=ex.sotoya&hl=ja)でもご初回したことのある平成28年度施工のお宅です。

16753843_1247834915285389_2032130835_n

住宅の佇まいに合うダイワ工業さんのガレージをチョイスさせていただき、ぐっとクールな印象になった外構です。(夏場は玄関脇にワンポイントのエリアがあります♪)

今回はガレージの中に棚をつけたいとのリクエストで、早速ダイワガレージ純正品を設置させていただきました。

16729798_1247834898618724_1414497454_n

奥行き60㎝、幅270㎝の使い勝手の良いサイズです。

16754024_1247834818618732_1259858940_n

最近は住宅のスタイルがシックな雰囲気のものも多くなり、どうしてもカスケードガレージだとバランスが取りにくいことや、カスケードガレージ系も好きなのだけれど、みんなと同じではちょっと・・・。という方も多く、どうしてもカーポートの人気が高い傾向があります。

「だけどやっぱりガレージ!」という方には、このダイワ工業さんのガレージはスタイリッシュでお奨めです。

16730709_1247834871952060_368973591_n 

色合いも良く、高級感もあります。

実は1月にも某市でダイワガレージのガレージ+カーポート一体型のモデルを設置させていただきました。(このご紹介はまた後日!)

16731741_1247930728609141_800279496_o

ガレージでお悩みの方は、色々な選択肢がありますので、是非とも弊社までお気軽にお問い合わせください♪

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

今週末の出来事【備忘録的ブログ】土曜日編

金曜日の夜、娘が持ち帰ってきた学校の宿題。

 

お題は〈土日の親の行動を調べるべし!〉(ちょっと違うかも(笑))

 

娘曰く、「ママだと家にいるからパパを取材します!」とのこと。

 

早速土曜日の朝は民間排雪の仕事があったので、娘を引きずり回すことに。

 

まずは埋まっている4tダンプを発掘し、タイヤショベルを移送して・・・

 

2012-01-28 10.50.30.jpg

 

お客さんのところで雪を積み込んで、市の雪堆積場まで3往復・・・。

 

1回目から娘の口数が極端に減る・・・

 

どうやら車酔い・・・。

 

続きを読む “今週末の出来事【備忘録的ブログ】土曜日編”

カーポート、ガレージ、物置の雪下ろしにご注意を!

今年の1月の豪雪の時にも心配で書きましたが。。

今回の雪も尋常ではアリマセヌ。

 

と、いう事で、今年1月に書いたブログを再転載。

 

車で通っていると、そろそろ下ろさないと壊れそうな屋根が一杯。。。

 

事故にあう人は、その瞬間まで自分が事故を起こすなんて想像もしていません。

そう、、ガレージの屋根が潰れる人も、潰れるまで自分の家のガレージが潰れるなんて思ってません。

 

ですから、「やばいかな?」と思ったら、ためらわずに下ろしましょう。

 

ただし、、ご自身の事故には十二分にご注意を!!

 

[以下、1月のブログ転載]

 

 

続きを読む “カーポート、ガレージ、物置の雪下ろしにご注意を!”

冬支度インフォメーション。。etc.

今日は天気が良かったので、朝からスタッフと共にお客様の塗り壁ウォールの仕上げ・・(笑)

 

おかげで指先がジョリパッドまみれ♪

 

しかも最近マイブームの《スパニッシュ風》ではなく、《フレンチちっく》に仕上げてます♪(って、私にしかわからない表現でスミマセン!しかもカメラ忘れで画像なし(汗))

 

 

その後、公共工事の安全パトロールに行って、昼食もままならず午後一番に予約のあったお客様との打合せ。

 

 

そして15時からは岩見沢観光振興ビジョン策定委員会~という事で、あっという間に日は暮れて1日が終了。

 

おかげでこんな深夜のブログ更新。。

 

(*この観光ビジョンについては本日非常に良い話が聞けたので、機会があればネタとしてご紹介!!ってタイミングを失うとお蔵入りするパターンですが・・・)

 

 

 

さて、現在進行中の工事の一部。

 

RC打ち放し型枠.JPG

 

こちらは鉄筋コンクリートの打ち放し仕上げ。

 

現在養生中で、来週中旬にはお披露目できるかと。。(かなりスタイリッシュな仕上がりになる予定!)

 

 

 

次は時節柄・・

続きを読む “冬支度インフォメーション。。etc.”

カスケードガレージオプションキャンペーン終了のお知らせ。

カスケードガレージのご成約プレゼントとして、色々とオプションを選べるキャンペーンがあるのですが、なんと!!3月31日の受注分(施工は5月31日)を持って終了。。

 

カスケードガレージオプション.jpeg

 

ちなみに電動シャッターを10万5千円ポッキリでつけられるキャンペーンも同じく3月31日をもって終了とのこと。。

 

 

もし、現在お悩みの方がおりましたら3月中に発注さえできれば、施工は5月末まででOK!(そんな簡単に決められるものではないかも知れませんが・・、検討の余地はありです)

 

 

今後、新たなキャンペーンが展開されるかどうかはなんの情報も入っておりませんが、どうなるんでしょうかね・・・

 

 

また新たな動きがありましたらお伝えさせていただきます。

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

リフォーム助成金制度から西友閉店まで。

新聞記事や今月の広報いわみざわにも折り込まれておりましたので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、岩見沢市のリフォーム助成金制度の枠が拡大され、外構の一部にも適用されるようになります。 

 

岩見沢市リフォーム助成金制度.jpgやっと当社でも関わることができると大いに喜んでおります(笑)

 

ネックとしては築5年以上が経過した住宅という制限の中で、通路(アプローチ)、基礎で固定された塀やガレージ、物置等が対象となります。

 

金額は工事にかかった費用の10%で30万円が限度で、子どもがいたり高齢者が同居したりしていると優遇世帯となり、15%&max45万円まで助成されます。

 

詳しくは当社までお問い合せいただければ宜しいかと!(ただし、私もまだ不慣れなので若干のタイムラグは発生するかもしれませんおでご了承下さい。)まぁ、詳細については後日HPでも特集を組ませていただきますので、それをお待ち下さい。

 

さて、先ほどそれらの事を詳しく教えていただきに岩見沢建設協会に行ってきたのですが、その帰り道。。

 

 せっかくなので今日でラストとなる西友の様子でも見てみようと思い4条通りに戻る。

すると・・

続きを読む “リフォーム助成金制度から西友閉店まで。”

当社の外構施工カタログ完成!

ずっと前から当社の施工例がわかるカタログ的資料が欲しいなと考えておりまして。。

 

ただ、なかなかやる気がおきず、一向にできなかったわけですが、金曜の午後に2枚、そして土曜日の今日(気がつけば日付が変わって日曜日。)、、残りの5枚を作成!

 

施工カタログ0314.JPG

 

遠巻きに見ると全然わかりませんが、じっくり見ると我ながら良い出来(笑)

 

その作成風景はというと・・・

続きを読む “当社の外構施工カタログ完成!”