平成23年度に施工させていただいた外構のお宅ですが、当時の天然芝が劣化し、本日、人工芝に張り替え作業を行いました。

平成23年度に施工させていただいた外構のお宅ですが、当時の天然芝が劣化し、本日、人工芝に張り替え作業を行いました。

この張替え工事は近年増えているご依頼のひとつです。
過去に施工させていただいたお客様に、何年経ってもお声がけいただけるのは本当に幸せなことです。

特に本年は新規のお客様は当然ながら、過去に施工させていただいたお客様から2期工事、3期工事、はたまた5期工事など、本当に沢山のご依頼をいただけて嬉しく思っております。心より感謝申し上げます。

また何度もお声がけしていただけるように、スタッフ一同、良い仕事を心がけてまいります。

今日は朝の内だけでしたが、久々の青空に恵まれました。

今日は朝の内だけでしたが、久々の青空に恵まれました。
そこで、午前中の早めの時間にちょうど良い光の加減になる2軒のお宅を試し撮りしてみたのですが、やはり青空は良いですね。

こちらの外構がほぼ完成しました。

こちらの外構がほぼ完成しました。

まだ人工芝の葉も寝ている状態で継ぎ目が目立ちますが、太陽さんが出ると良い感じになってきます。

塀は水洗いの跡が残っていますが、素性の良さは隠せませんね♪

アルミフェンスの隙間から人工芝のグリーンがチラ見する設定で、お住まいの家族の雰囲気にぴったり似合う、爽やか外構となりました!

※ちなみにほぼ完成というのは、アルミフェンスの小口キャップが発注漏れで、その到着待ちとなっています。ごめんなさい(^^;

ブロック塀診断について

〈平成30年6月22日投稿〉

あらためてテレビ等の報道でご自宅のブロック塀に不安を感じた方も多くいらっしゃるかもしれません。

その際、とても簡単に診断できるサイトがありますのでご紹介いたします。

brock

http://www.o-seven.co.jp/~e-toko/labo/block/qanda.php

是非、お試しください。


尚、ブロック塀診断士という資格があります。

現在北海道では約40名が名簿に記載されています。
https://jpex.or.jp/list-hokkaido

岩見沢市では1名。
リストの一番下に私の名前が掲載されています。

もし何か不安な要素がありましたらお問い合わせいただければと思います。
本格的な診断は無料ではできませんが、軽微なものはご相談賜りたく存じます。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

二期工事をご依頼いただいたリピーターのお客様。

二期工事をご依頼いただいたリピーターのお客様。

道路境界のブロック塀も姿が見えてきました!
明日は笠木とアルミフェンスが入る予定です。
広めの人工芝も素敵なので完成をお楽しみに!

※※※※※※

この度の地震で被害に遭われた方々に心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。

また、いつ起こるかわからない自然災害において万が一の事態が発生しないよう、弊社ブロック塀診断士保有者を筆頭に、スタッフ一同より一層自覚を高め、真摯に厳格に努めていく所存です。

【閲覧注意】天然芝をカラスがつつく。コガネムシ等のネキリムシにご注意!

〈平成30年6月19日投稿〉

以前、天然芝を大規模に施工させていただいたお宅ですが、今年はカラスがほじくって芝をひっくり返してしまうとのこと・・。

DSC_1076

カラスがほじるのは餌となるコガネムシなどの幼虫がいるからで、当然、幼虫に根が食べられてしまうと芝も枯れてきてしまうので、全体的に元気がない状況です。

(以下、虫嫌いな方はお気をつけください。)

続きを読む “【閲覧注意】天然芝をカラスがつつく。コガネムシ等のネキリムシにご注意!”

そう言えば!

そう言えば!
8月以降用のイナバ物置のカタログが届いています。なんとかなりの値上げになります。

参考までにどれぐらい上がるかと言うと、岩見沢では売れ筋の1.76坪タイプのNXN-60Sで

現在定価 231,000円(多雪型)
8月以降 252,000円(多雪型)

と、なんと21,000円の値上げ!しかも仕切率も上がってしまうと聞いておりますので、なかなか厳しい状況です。

これはイナバだけでなく他のメーカーもスチール系は同様の動きとのことです。もし物置の設置をお考えの方は一刻も早くお問い合わせください。

尚、鉄骨系のカーポートの一部は、既に年内施工がいっぱいで来年の施工になってしまう可能性が高くなっております。こちらもお急ぎください。

アルミカーポートはまだ大丈夫です。

夕張市石炭博物館の植樹

〈平成30年6月18日投稿〉

夕張市石炭博物館をご存知でしょうか。華やかな反映を誇った夕張市が、石炭産業の衰退と共に新たな道を模索して観光事業を大胆に推進した頃の名残として、現在も運営されている稀有な施設といって良いと思います。

この石炭博物館が、今年の春より岩見沢市にあるNPO法人 炭鉱(ヤマ)の記憶推進事業団が指定管理者となり、展示も新たにリスタートを切ったものです。

弊社エクステリア室の室長が当NPOの理事を担っている縁もあり、この度、特別協賛として博物館入り口周辺に記念植樹をしてきました。

〈以下の画像はそらち炭鉱の記憶マネジメントセンターのブログより拝借〉

元々は道道からの入り口がわかりにくいことから、何かシンボルになりそうな木を植えたいという趣旨です。

石炭といえば!その元になった木ということで「メタセコイア」が浮かびます。

この度、長沼町の石田農園さんに何とか希望通りのメタセコイアを譲っていただき、現地に植樹と相成りました。

20180609181433e99

植栽には弊社のエクステリア部門の現場管理を一手に担うJUNとその奥様がお手伝いしてくれました。

続きを読む “夕張市石炭博物館の植樹”

ドッグランの床は悩みどころ・・。

〈平成30年6月12日投稿〉

これまでも数多くのドッグラン外構を手がけさせていただいてきましたが、やはり悩むのが床面。費用的に安いのは砂質系の土ですが、雑草管理と足裏の汚れが大変です。

天然芝は管理が大変!だけど見た目とワンちゃんにとっては一番やさしい。

では人工芝は?となると、費用的に高価になってしまって面積が広いと厳しくなるのと、夏の暑い日はワンちゃんにとってはあまり快適とは言えない状況になってしまうこともありえます。

結果として防草シートと化粧砕石を敷き詰めたり、上記様々なハイブリッドになったりするのですが、この床面をどうするかがそれぞれに一長一短あってドッグランでは一番の悩みどころ。

P1030652

今回ご紹介するのは天然芝ですが、活発なワンちゃんは穴掘りが大好き!その穴掘りを防止するためにプラスティック製のグリーンプロテクターを敷設した例です。

興味ありましたら御覧ください!
https://hi-tcos.jp/sotoya/2018/7157/