コンテスト受賞式

平成29年2月13日

エスビック㈱の営業本部長さんが東京より、また東北営業所所長さんが仙台より、そして札幌から北海道総代理店のサンエイさんの3名が、大変有難いことに岩見沢まで足を伸ばしていただき、昨年末に発表された「施工写真コンテスト」の授賞式をしていただけました。

16780442_1249369285131952_952134785_n

16754541_1249369068465307_1054435875_n

受賞に関する投稿はこちらからご覧になれます。
https://hi-tcos.jp/blog/2016/19742/

早速、壁に飾らせていただき、無事に壁の一面が全て埋まりました!

16735691_1249368228465391_1900058997_o

来年以降、次の壁に飾っていけるように、より一層努力させていただきたく思っています。

 

また、実はこの日は前述3名の方が岩見沢に宿泊してくれ(2泊)、三船さんの焼き鳥と美味しいNANAYAの石窯ピザをご案内。岩見沢グルメを大いに喜んでいただけました。

その翌日は、更に札幌で受賞された3社3名の方も岩見沢に集まり、総勢7名でことうのホルモンさんで懇親会&深夜のまるよしさんでのポークチャップまでの鉄板コースにてディスカッション。

沢山の情報交換をさせていただき、新春に向けた心の準備も整いつつあります(笑)

今年もより多くのお客様とご縁をいただき、全てのお客様に喜んでいただけることを目指して頑張りたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

ガレージの棚

弊社インスタグラム(https://www.instagram.com/p/BKW4nLVArrN/?taken-by=ex.sotoya&hl=ja)でもご初回したことのある平成28年度施工のお宅です。

16753843_1247834915285389_2032130835_n

住宅の佇まいに合うダイワ工業さんのガレージをチョイスさせていただき、ぐっとクールな印象になった外構です。(夏場は玄関脇にワンポイントのエリアがあります♪)

今回はガレージの中に棚をつけたいとのリクエストで、早速ダイワガレージ純正品を設置させていただきました。

16729798_1247834898618724_1414497454_n

奥行き60㎝、幅270㎝の使い勝手の良いサイズです。

16754024_1247834818618732_1259858940_n

最近は住宅のスタイルがシックな雰囲気のものも多くなり、どうしてもカスケードガレージだとバランスが取りにくいことや、カスケードガレージ系も好きなのだけれど、みんなと同じではちょっと・・・。という方も多く、どうしてもカーポートの人気が高い傾向があります。

「だけどやっぱりガレージ!」という方には、このダイワ工業さんのガレージはスタイリッシュでお奨めです。

16730709_1247834871952060_368973591_n 

色合いも良く、高級感もあります。

実は1月にも某市でダイワガレージのガレージ+カーポート一体型のモデルを設置させていただきました。(このご紹介はまた後日!)

16731741_1247930728609141_800279496_o

ガレージでお悩みの方は、色々な選択肢がありますので、是非とも弊社までお気軽にお問い合わせください♪

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

春近し?

平成29年2月11日投稿

突然ですが、私の傾向として、冬の間はエクステリアの事を一旦忘れ、他のことに没頭することで次のエクステリアシーズンの半年を濃密に過ごす心の栄養を養おります。

とは言え、昨年末にプランが間に合わずにお待ちいただいている物件もあるため、そろそろエクステリアモードに頭も生活も切り替えていかなくてはなりません。(お待ちいただいている皆様、誠に申し訳ございません。間もなく充電完了です。)

そこで本日、たまたまではありますが、日程のご縁が合致し3組の外構プランご希望のお客様が来社されました。

16731437_1246037415465139_702259561_o

ご期待に添える様なプランをつくらせていただきますので、あともうほんの少しだけ冬モードでいさせてください・・・(笑)

また3月に入りましたら、週末の打ち合わせができるように調整していきたいと考えております。随時ご連絡を差し上げますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

尚、春以降の工事をご希望で、新規ご依頼をいただけるお客様は、随時受け付けをいたしておりますので、初回打ち合わせ日程につきまして、お電話かメールにてお問い合わせください。

お電話番号:0126-22-1355
e-mail sotoya@hi-tcos.com

大変恐縮ですが、2月中の週末はイベント等が入っているため調整が難しい状況ですが、3月に入りましたら随時週末営業も再開させていただく予定です。

今年も良き出会いに恵まれるよう、精一杯努力してまいります。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

岩見沢の降雪量を見てみると

別のブログに投稿したものを転載しますね。

岩見沢の異様な小雪傾向の中、全国ニュースでは大雪の被害が報道されています。

以前、Green Artistさんの投稿で、岩見沢では観測史上4回、年間積雪量が5mを下回っていることを知りました。そこであらためて色々と調べてみると、昭和38年にも似たような状況があり、岩見沢の降雪量は僅か433㎝でありましたが、本州などは大雪となり「三八(さんぱち)豪雪」と命名されているほどの気象状況だったことがわかります。その事から、今年も普段降らないところが降り、降るべき岩見沢が降らないという稀有な状況が再来していると連想してしまいます。

市民生活的には非常に楽で良いのですが、様々に影響する市内経済循環にとっては、懸念すべき事態とも言えます。何事もほどほどである必要性が身にしみます。

そこで過去の傾向が気になって気象庁の「年ごとの値」を調べてみると・・。

岩見沢過去の降雪量

年間降雪量が5mを下回ったのは4回ですが、10mを上回ったのも4回ありました。そしてグラフにしてみると、岩見沢は大体年間7mぐらいの降雪と言われていますが、思った以上に大きな波があることに気づきます。1961年から1965年は5年間の間に、10m降ったかと思えば4.3mになり、またまた10m降るというジェットコースターのようなデータになっています。ちなみに私が生まれた1970年は過去最高の降雪で11.1mも降っているのですが、両親から「あんたの生まれた年は雪が多い年だった・・」とは聞いたこともありません。不思議なものです。

 

ちなみに、気象庁のデータにはかなり詳しく他の数値も載っているので、何か他のデータと降雪量に関連性を見出すことができないかと頑張ってみたのですが、私の素人解析では雷発生日数も年間日照時間も平均気温もその他諸々を含め、降雪量との相関を見つけることはできませんでした。

それほど、雪がどれぐらい降るかは、お天道さまの気まぐれということでしょうか。

朧気な記憶では、毎年毎年雪には悩まされていて、ほぼ同じぐらいの降雪量かと思いきや、結構なバラつきがあって驚くと共に、人間の記憶や感覚というのもあまりアテにならないことも感じます。

とは言え、どなたか鋭い方がいれば、気象庁のデータから関連性を見つけ出し、岩見沢の降雪予報精度を向上できるかもしれません。お時間ありましたら、このデータとにらめっこしてみては如何でしょう。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=15&block_no=47413&year=1963&month=&day=&view=

 

ちなみに、先日もご紹介したGreen Artistさんのブログでも非常にためになる情報があります。

〈エクステリアデザイン室 室長〉