講演のご案内

〈平成30年10月26日投稿〉

本ブログを振り返ると、エクステリアに関係の無いことが続いて本当に恐縮ですが・・・。

10月29日(月)18時30分より、この様な講演会を開催します。恐らくこの小澤社長のことは、TVやwebなどでも話題になったのでご存じの方も多いかと思います。

ozawaterumasa1029

実は弊社エクステリア室長と小澤社長の過去のご縁から開催する運びとなりましたが、人間として純粋に社会に貢献するという方向性や、企業における慢性的な人不足の中で、こういった雇用を検討したいという方々にとっても、とても参考になる講演になるのではないかと感じています。

あらためてその趣旨等をご紹介すると。。

続きを読む “講演のご案内”

ぷらぷらまち歩き2018 in岩見沢

〈平成30年10月26日投稿〉

なかなか更新できない中で、仕事と全く関係ないお話を一つ。

皆様は「ぷらぷらまち歩き」というイベントをご存知ですか?
現在、「炭鉄港」の日本遺産登録が視野に入ってきて、益々産業遺産等が注目を浴びつつある中、本地域における、その仕掛け人的な役割を担ってきたNPO法人 炭鉱の記憶推進事業団が主催するイベントです。

空知各地の炭鉱遺産等々を歩くスピードの時速約4kmでゆっくり各テーマを感じる企画で、数年前から空知各地で開催されています。

今年は全9箇所で、今週末からいよいよ岩見沢で開催です!

201809021839172a0

 10月27日(土)は朝吹家の家紋である「卍」から命名された万字炭鉱で有名な岩見沢栗沢町にある万字地区をジンギスカン鍋博物館館長の溝口氏がガイド。なんと万念寺様の協力の下、お菊人形も見ることが出来る様です。

 翌28日(日)は弊社エクステリアデザイン室 室長の平野が岩見沢駅周辺で見られる「炭鉄港」と岩見沢まちなか歴史散策的な内容でガイドを行います。

 炭鉄港は岩見沢が発展する大きな要素となった石炭輸送のための鉄道。現存するレールセンターから「北炭」のお話などを中心にさせて頂く予定です。

 街中散策は古地図を下に市街地の移り変わりを感じつつ、北海道内で最も古い私立病院である牧病院様にご協力をいただき、岩見沢開拓期から現在までの関わり等々をご紹介させていただく予定となっています。

 今年最後のぷらぷらまち歩きとなっておりますので、ぜひ温かい格好をしてお気軽にご参加ください。詳細はリンク先を御覧ください。

集合場所等はこちらのリンク先を御覧ください。

http://soratan.sakura.ne.jp/3city/purapura2018/

〈エクステリアデザイン室 室長〉

【鉄道EXPO2018 in いわみざわ】のお知らせ

〈平成30年9月20日投稿〉

今年も鉄道EXPOが開催されます。

詳細は下記フライヤーの通りですが、実は弊社はこのイベントの初回からトラス鉄橋の部材運搬で協力をしています。

ekimaru20181

ekimaru20182

今年も同様にトラス鉄橋の部材運搬で協力させていただきますが、そもそも「トラス鉄橋って何??」と思いますよね?

これは来年初旬の日本遺産登録申請が予定されている「炭鉄港」と通じるもので、今から136年前に岩見沢市内で架けられたアメリカ製の鉄橋。その後、非常に数奇な運命を辿り、幾度か命拾いをしながら1999年に岩見沢へ里帰りした鉄橋です。

その様なことから、本イベントのオススメは9月22日(土)14時からの【〈講演〉トラス橋の記憶】です。

2年前に弊社室長が主催したシビックプライド探求部の勉強会での動画がありますので、是非予習してから聞くとより深~くわかると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=gyImyG-LH0A&t=702s

あとは定番の”青い鉄道おもちゃ(ルール上、正式名称は使用できません)”の走行会や本格的なNゲージのジオラマ走行会等々もあります。

早いもので来年3月で10周年を迎える岩見沢複合駅舎。

是非、この機会に足を運んでみては如何でしょうか。

第一回ゆあ~みバルへのご協力

〈平成30年8月6日投稿〉

8月5日(日)、社会福祉法人ゆあみ会が運営する生活介護事業所らいむにて、初開催となる「ゆあ~みバル」というイベントが開催されました。

そのイベントのステージとして弊社のトラックが活躍♪

DSC_0096

とても良い天気に恵まれ、会場は大勢の人で賑わいました。

DSC_0098

その様な中、弊社のトラックはメインステージとして活躍。

DSC_0100-2
(正式に撮影許可をいただいていませんので、画像処理させていただきました)

このトラック、実は結構な年代物ではありますが、先日も大幅改修を行い、まだまだ活躍していただくこととなっています。日頃は資材等を運んでいますが、時折、この様な用途も宜しいかもしれませんね。

お役に立てて何よりです。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

夕張市石炭博物館の植樹

〈平成30年6月18日投稿〉

夕張市石炭博物館をご存知でしょうか。華やかな反映を誇った夕張市が、石炭産業の衰退と共に新たな道を模索して観光事業を大胆に推進した頃の名残として、現在も運営されている稀有な施設といって良いと思います。

この石炭博物館が、今年の春より岩見沢市にあるNPO法人 炭鉱(ヤマ)の記憶推進事業団が指定管理者となり、展示も新たにリスタートを切ったものです。

弊社エクステリア室の室長が当NPOの理事を担っている縁もあり、この度、特別協賛として博物館入り口周辺に記念植樹をしてきました。

〈以下の画像はそらち炭鉱の記憶マネジメントセンターのブログより拝借〉

元々は道道からの入り口がわかりにくいことから、何かシンボルになりそうな木を植えたいという趣旨です。

石炭といえば!その元になった木ということで「メタセコイア」が浮かびます。

この度、長沼町の石田農園さんに何とか希望通りのメタセコイアを譲っていただき、現地に植樹と相成りました。

20180609181433e99

植栽には弊社のエクステリア部門の現場管理を一手に担うJUNとその奥様がお手伝いしてくれました。

続きを読む “夕張市石炭博物館の植樹”

岩見沢シビックプライドDAY 2018のご案内

〈平成30年4月8日投稿〉

エクステリア事業も大変忙しくなる一歩手前の大事な時期ではありますが、室長平野のライフワークとしてお馴染み(?)のまちづくり的活動のご案内をさせていただきます。

来る4月22日(日)、午前10時~16時45分ごろまで、ちょっとしたセミナーを開催させていただきます。

その名も「岩見沢シビックプライドDAY 2018」とし、岩見沢の歴史や文化、番外編として子育て環境等にスポットを充てた60分×4コマ+αのセミナーです。

28795262_2058656024371997_7503785502671376292_n

そもそものきっかけとしては、自分達の住んでいるまちが、どの様に生まれ、どの様に発展してきたのか。またその過程において、どんな出来事があったのか等々、私達は意外と知らないことばかりです。その様な知識が無い中で、いくら未来の事を考えてみても発射台の無いロケットはどこに向かうかわからない。

だとしたら、やっぱり過去を紐解いた中で、過去と現在の延長線上に未来の姿を導くべきではないだろうか?というのが原点だったりもします。しかし、実際に色々なことを知れば知るほど、「へぇ~!」という知り気づきが沢山あり面白い!これはみんなでシェアするべき!との思いを強くしての開催です。

今回はその中から、5つのテーマに絞って実施しますが、その内訳は以下の通りとなります。

続きを読む “岩見沢シビックプライドDAY 2018のご案内”

こども環境学会大会2017(北海道)のご案内

〈平成29年5月7日投稿〉

弊社に外構工事をご依頼くださる方々の大半が「子育て世代」と認識しています。

そんな子育て世代の皆様に、直接関心があるかどうかはわかりませんが、こども環境学会の全国大会が5月26(金)~28(日)にかけて北海道恵庭市にて開催されます。なんと!北海道民で会員以外の方は無料で参加できます。

こどもを取り巻く環境の変化が著しくとも、こども達が健全で健やかに育つ環境はしっかりと社会でつくり出していかなくてはならないとの思いで、私も本学会にも参加させていただき、些細な部分ではありますが、本全国大会実行委員会にも参画させていただいています。

土曜日の基調講演とシンポジウムは非常に見どころのある内容ですし、日曜日の分科会も4つの中から興味のあるところを覗いてみると新たな気づきも得られるかと思います。(私は分科会Cでコーディネータとしてお話させていただく予定です。そのパネラーの一人は岩見沢プレーパーク研究会の林代表です。)

関心ありましたら、時間調整いただき、ご参加いただければ幸いです。

kodomokankyou

参加申し込みはこども環境学会公式ホームページからがおすすめです。

http://www.children-env.org/entry/

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

岩見沢の情報誌『これっと』No.11号のご紹介

すっかり雪が融けて、早めの春がやってきました。

すでにプランのご依頼も多数いただき、幸先の良いスタートを迎えておりますが、何分、オンシーズン中に頭の中のエネルギーを使い切ってしまうため、プランニングに対するエンジンのかかりが遅めなのは毎年のことであります。

先日から、資材メーカー等の新商品研修なども参加してきておりますので、そろそろその新しいエッセンスを交えつつ、プランの質とスピードも一気に上げていくところです。ご依頼のお客様、大変おまたせをしてしまっておりますが、随時ご連絡をさせていただきますので何卒宜しくお願い申し上げます。

***

さて、そのような苦しい言い訳をしてしまっておりますが、全く話題は変わります。

この度、岩見沢のフリーペーパーである『これっと』に、ちょっとしたコーナーを預からせていただくこととなりました。

この情報誌は、市内の方は知っている方も多いと思いますが、関わるスタッフの皆さんに女性が多く、丁寧でオシャレな内容が特徴的。

その中で若干場違いではありますが、今回から少し参加させていただくこととなりました。そのきっかけはズバリ「岩見沢シビックプライド探求部」です。

「私達は意外と自分たちのまちの事を知らない!」という自身の思いから始めた小さな活動ですが、この度、「紙面でも少し紹介してみない?」というありがたいお誘いをいただき、貴重な機会なので有難く参加させていただいた次第です。

17668805_1295338273868386_859885679_o

記念すべき第一話は、前振り的に「まちの生い立ち」からスタート。

次回は少し寄り道して駅を中心としたお話。それ以降は結構知られていない、岩見沢の小さな「へぇー!」を色々と紹介してみたいと思ってます。

ちなみに、我が家のハチ吉もさり気なく紙面デビューです(笑)

17670841_1295338337201713_2095133075_o

とは言え、何分このような執筆は見事に素人です。

紙面の最後にも書かせていただきましたが、私は歴史の専門家ではないので、何かの文献で読んだこと、聞いたこと等を元にご紹介させていただきますが、その根拠となる一次資料を探して確認して・・。という様なことまではしていませんので、もしかしたら間違ったことを言っているかもしれませんのでお許し下さい。でも、これがきっかけで地域の事に関心を高めてくれると嬉しいなと思っています。

その辺りは寛大で温かい目で見守っていただけると幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。

 

これっと、、、是非お手にとって見て頂けると幸いです。岩見沢市内の色々な情報が掲載されていて楽しいです♪

[『これっと』は市内の色々なところで配布されていますが、インターネット上からもダウンロード可能です。http://i-collet.info/

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

まちづくり系シンポジウムのご案内

来る平成29年2月5日(日)14時より。

『Think いわみざわ!!みんなのまちづくりシンポジウム《プレイス・ブランディングの視点で「まちの未来」を考える》』を開催します。

プレイス・ブランディングとは聞き慣れない言葉ですが、端的にいうと「場の力」的なもので、その地域における歴史や文化等の要素を踏まえた地域ブランドの構築とも言えるのかもしれません。基調講演はその専門家でもある小樽商科大学 大学院商学研究科の内田純一准教授にお願いをさせていただきました。

「地域アイデンティティ・地域資源の価値の共有・都市宣言の意義や意味」等を主軸に約50分間の講演をいただき、その講演の内容を軸に第2部のパネルディスカッションを展開する予定です。

kaiha290205

本シンポジウムの主催は岩見沢市議会の会派である「市民クラブ」となり、第2部のパネルディスカッションのコーディネーターはエクステリアデザイン室SOTOYAの室長でもある平野が担当します。

岩見沢のまちづくりに関心がありましたらが、是非お気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://hiranoyoshifumi.jp/blog/2017/01/19/8292

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

岩見沢でプレーパーク:遊びの大事さ!

弊社のお客様は子育て世代の方が殆どです。
打ち合わせにも沢山のお子様がいらしてくれます♪

 

そんなお子様世代に、とっても良い取り組みをご紹介させていただきます。

 

今の子ども達は、どうしても電子媒体に囲まれていて受動的な遊びを主としてしまいます。また、車社会の弊害で、わかってはいるけど運動不足の傾向にあったり・・。

 

AIによる技術革新や人口減少、良くも悪くも進行するグローバル化等々によって、今後、間違いなく「今までどおり」が通用しなくなる社会が訪れるといわれる時代の中で、何より大事なのは「創造性」や「レジリエンス」、「コミュニケーション能力」を始めとする「生きる力」だと思っています。

 

それらの能力を伸ばしていくためにも、五感をフルに使った【遊び】が何より大事。どんな習い事をするよりも、アブナイキタナイウルサイを通した遊びの中で育む経験が何よりも大事なんだろうと思っています。

 

そんな事を考えているお母さん達も沢山いて、この岩見沢では1年半ほど前に「岩見沢プレーパーク研究会」という集まりが発足し、頻繁に公園等で自由な遊び場をつくっています。その活動はこちらのページをご覧下さい。

 

11825143_1016373665059666_3761672688180214756_n

 

11692676_1000734673290232_5652126082420114905_n

 

11100394_1055574854472880_2935415645114272078_n

 

近々の開催は6月16日(木)東山公園にて!

東山公園で開催の時は、事前申込み等一切なしで、自由に来て自由に帰ってもらって結構です。

 

ただ、プレーパークの活動を大事にしていくために、一方的にサービスを受けるつもりで参加するとお互いに大変です。スタッフの皆さんも全員がボランティアで、より良い環境づくりをしていきたいと考えているお母さんや学生さん達です。

 

「ケガと弁当は自分持ち!」

「リスクは子ども達の判断で、ハザードはその場にいる大人全員で取り除く!」

そんな気持ちで環境づくりをしています。

 

是非、一緒に子ども達の遊び環境を育む仲間として気軽に参加してみてはいかがでしょう。身構える必要は全くありません。用意するのは着替えと大らかな気持ちだけです(笑)

 

13331067_1063020960452156_6037401031351123820_n

 

この様な活動の大事さがどんどんと認知されていて、教育大学岩見沢校での「あそびプロジェクト」と共催したり、岩見沢市の公園課の事業で開催されたり。。その活動は着実に拡がりを見せています。

 

近日開催の6月16日には、関心を持ってくれた教育大学の芸術を志している学生さんの参加で「段ボールファクトリー」も開催される予定です。

 

13450270_1203840079646356_42850682189860732_n 13419169_1203840042979693_6757247058474816179_n

 

恥ずかしながら自分の子育て時代にはこの様な遊びの重要性に気づかなくて、ちょっと後悔しています。だからこそ、これからの子ども達は逞しく創造性豊かな感性をどんどん育んでもらいたいと、微力ながらお手伝いさせていただいています。

 

11745711_1009593952404304_503003893817665963_n
(↑皆様お馴染みのSOTOYA事務所でもたまに打ち合わせが開催されています。)

 

また、SOTOYA事務所の砂場は、ご近所の女の子の社交場になったりもしています(笑)
おかげで
色々と砂利が飛び散ったりしていますが、そんなのを抜きにしても子ども達の遊び声が聞こえるのは楽しいです。

 

IMG_20160522_170804

(我が家の犬もオママゴトに入りたいけど、仲間に入れてもらえません(笑))

 

 

この岩見沢は各公園や利根別原生林など、とても恵まれた環境が沢山あります。是非そんな環境をフルに活かしてあげたいのと、そんなのも余裕が無くて大変!という方々には、外構のついでに近所の子ども達が集まれる砂場や芝生などがあると、これまた賑やかな声で楽しくなれます♪

 

こんな時代だからこそ、あらためて子ども達の「遊び環境」に目を向けてみては如何でしょう♪

 

【追伸】子ども達の遊び環境の大事さについては、こちらも是非どうぞ♪(長いですが・・)http://hiranoyoshifumi.jp/blog/2016/01/21/7011