三協アルミさんから水着素材の布マスクが届きました。

〈令和2年5月27日投稿〉

今、事務所にいたら宅配便が届きました。

ものは三協アルミさんからの水着素材マスク。

IMG_6204

北陸繋がりで本社のある富山県の隣の石川県で作られている国産水着素材マスクとのことで、夜洗えば翌朝乾いている速乾性が特徴で、繰り返し使用できる様です。

それにしても三協アルミさん!

予告もなしに、突然このようなモノを送ってくれる粋な図らいに心より感謝いたします。

とてもありがたいですね!

https://alumi.st-grp.co.jp/

春の断捨離

〈令和2年4月1日投稿〉

新型コロナウイルス感染症の拡大が心配ではありますが、すっかり周辺は春となりました。

おかげさまで、外構工事は例年とさほど変わらず多くのお問い合わせをいただいておりますこと、心より感謝申し上げます。

さて、世間一般は4月が新年度!

今朝は毎月恒例の神棚の整頓をしてから、思い切った断捨離決行!

これまで手つかずだったエリアをひっくり返し、いるものといらないものに分類していると、あっと驚くレトロなものが現れました。

IMG_5563

ダイヤル式電話。

きっと今の子どもたちには馴染みのないもの。

懐かしさのあまり取っておこうかと思ったものの、やっぱり我が社には使いみちがないので捨てました。

他にもコピー機用のヒーターカバーなどが出てきたり。(これは冬季間、室内の寒暖の差でコピー機が結露するのを防ぐために、電熱線の入ったカバーをかぶせるものの様です。私も初めてみました。が、、これも残念ながら捨てました。)

冬の間にやろうと目論んでいた事務所内の整備も、毎年のことながら忙しすぎて時間が取れずできず仕舞い・・。何とか頑張って、気持ちよく春を感じていきたいものです。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

岩見沢の豪雪。カーポートやガレージの雪下ろしにご注意を!

〈平成30年12月30日投稿〉

エクステリアデザイン室SOTOYAは、本日お掃除を行って御用納め。最後に神棚を整えて終了の予定ですが、大量のシュレッダー作業に時間が過ぎていきます。

さて、年末にきてこの大雪。
皆様お疲れのことと思います。

yuki301230
(岩見沢市のサイトより転載:https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/1504147/

本日の朝8時のデータで累積降雪量が345cm。積雪深が84cm。。

hokkaidou_Snc9am_2018-12-30
(気象庁webサイトからの転載:https://www.jma-net.go.jp/sapporo/tenki/kansoku/snow/snowmap/index.html

なんと夕張では133cm。朱鞠内では167cmという強烈な積雪深となっている様ですが、この岩見沢も80cmオーバー!

しかし同じ岩見沢市内でも、様々な条件により差があると思いますし、我が家の玄関先や物置も大変なことになっています。

49008853_2056031617795910_7226624101513691136_n

SOTOYA事務所の横にあるガレージも、相当な積雪深ですでに荷重オーバーの気配。しかし登って下ろすことは今日は難しい。。

よって、手の届く範囲で両端だけでも雪下ろしを行いました。恐らくこれでも幾分荷重軽減になるかと思います。

49206008_343001203192080_782734708541751296_n

もし年内に雪下ろしが難しいお客様は、せめてこの様に両端の雪を下から下ろすだけでも気休めにはなるかと思いますので実行あるのみです。


さて、ここからが本題です。

今年の雪の降り始めの頃は気温が高かったため、地面が凍っていません(と思われます)。例年であれば地面が凍ったあとに雪が積もるのでガレージ等の束石も固定され強度が高まるところですが、今年は雪の保温効果で恐らく地面は現在も柔らかいままだと想像しています。

その状況で過大な荷重がかかると束石が下がったり横方向に広がったりすることが考えられますので、たとえ躯体そのものが積雪対応等でも心配です。

また積雪荷重の計算というのも、一般的な例として〈1.5m対応〉と謳っていても数値的には450㎏/㎡であり、すなわち1m×1mの範囲で450㎏の重さに耐えられるという数値。

ちなみにこの荷重想定は雪比重で0.2~0.3g/cm3換算のため、サラサラの軽雪で1.5mの想定です。湿雪だと0.5g/cm3を超えることもあると思いますので、80~90cmも積もれば限界です。〈余談として、氷になると0.82~0.84g/cm3と言われますので、より厳しくなります。〉

雪は私達が想像するより遥かに重く、油断は禁物ですね!!

カーポートは柱の本数が少ないタイプは1本の柱にかかる負担が大きいので、より基礎が狂いやすかったりします。カスケードガレージ等は現在のタイプは積雪荷重が1.8mが標準ですが、古いものはより低い数値です。

一般的なスチール製物置は多雪型と謳っていても1m対応です(軽雪で1m,湿雪なら60~70cm程度で十分心配になる値です。

ただ、本体は滅多なことでは突然倒壊したりはしませんが、一見なんでもなさそうに見えても、前述の通り基礎が沈下してしまって傾いたりすることがありますので、やはり豪雪地においての雪下ろしは必須なのです。

あと気を抜くと忘れてしまうのがデッキ類!

木質樹脂デッキなどは丈夫ですが、それでも積雪荷重がかかるとたわみやねじれが発生してしまう可能性がありますので、こちらも雪下ろしをお忘れなく!


何かと厳しい豪雪地帯の冬ですが、それでも毎朝の車の雪下ろし等を考えると、カーポートやガレージがあるとやっぱり楽ちん。

是非、楽しみながら冬を乗り越えてまいりましょう。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

httpからhttpsへ変更されました。

〈平成30年7月12日投稿〉

一見何のこと??というタイトルですが、少し前のことですが、弊社のホームページアドレスが〈http://hi-tcoc.jp〉から〈https://hitcos.jp〉へと変更になっています。

httpshenkou

このhttpsというのは通信を暗号化することにより、万が一通信経路から何らかの情報が抜き取られても、暗号化されているがゆえに解読されにくく安全とされているもののようです。

この変更をせずにhttpのままだと、ブラウザによっては下のような表記となってせっかく閲覧してくれたお客様を不安にさせてしまう恐れがあります。

hogosaretenai

その様なことから、いつもwebの難しいことを担ってくれている友人が気を使ってくれました。本当に感謝です。

ということで、若干遅ればせながらかもしれませんが、弊社のサイトは保護された通信です。ご安心ください(笑)

更新ままならず・・。

〈平成29年6月23日投稿〉

 

旧平野建設時代の2007年からブログを始め、こんなに長い期間更新しなかったのは初のこと・・。それだけ多忙に負けておりました。

 

今年は春から岩見沢プレミアム建設券の申し込みが始まり、昨年の傾向からいくとあっと言う間に売り切れてしまうことが予想されたため、異様なペースでプランの作成をさせていただきました。それも5月に売り切れてしまい、少し一息つけるかと思いきや、嬉しい悲鳴でまだまだプランが滞っている状況です。

 

世の中の不景気風で、毎年シーズンが始まるたびに「今年はどうなるのかな?」と心配になるのですが、ありがたいことに今年も多忙なシーズンを過ごさせていただいています。

 

ということで、なかなかブログを更新することすら叶わない日々ですが、ふとしたタイミングでスマホから更新できる「インスタグラム」と「bacebookページ」は時折更新しております。

 

19441944_1448808415178533_153715070788003686_o

 

是非、弊社の近況はそちらもチェックしていただけると嬉しいです。

instagramでは、数年前からの完成後現場を紹介させていただいています。
https://www.instagram.com/ex.sotoya/?hl=ja

 

そしてFBページでは、施工途中の紹介などを主にしています。
https://www.facebook.com/EX.sotoya/

 

とは言え、どちらも真面目に頻繁に・・というわけにはまいりませんが、それとなく近況を探っていただければありがたく存じます。

 

 

********

 

 

さて、現在のプラン進行状況ですが、春先の「打合せ以降、プラン完成まで約2ヶ月待ち?」という状況は改善されましたが、それでも今日現在で1ヶ月お待ちいただいていながら提出できてない物件が幾つか存在しています(本当に申し訳ありません)。よって、これから新規打合せのお客様は、どうしても1ヶ月近くお待ちいただくことになってしまうと想像しますが、トントン拍子に事が進めばお盆空けぐらいの着工イメージかな?と想像しているところです。プランをお待たせしてしまうのは大変申し訳ございませんが、より良いデザインと機能性をご提案するための貴重なお時間となります。何卒お許しいただければ幸いです。

 

当然、プランのみならず、本当にありがたいことに今年も素敵な現場を数多く手がけさせていただいております。そしてこれから着工の物件も楽しみなものが盛り沢山です!(以下、契約済みのものをほんの少しだけご紹介)

tr2906

fjm2906

ons2906

hrk2906

まだまだご紹介するわけにはまいりませんが、現在進行中のプランも素敵なものばかりです。今後、ご紹介するのが楽しみです。

 

*****

 

と、久しぶりのブログ更新。

また暫くは更新作業が滞ると思われますので、是非とも近況はFBページとインスタグラムでご確認ください・・(汗)

 

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

岩見沢の降雪量を見てみると

別のブログに投稿したものを転載しますね。

岩見沢の異様な小雪傾向の中、全国ニュースでは大雪の被害が報道されています。

以前、Green Artistさんの投稿で、岩見沢では観測史上4回、年間積雪量が5mを下回っていることを知りました。そこであらためて色々と調べてみると、昭和38年にも似たような状況があり、岩見沢の降雪量は僅か433㎝でありましたが、本州などは大雪となり「三八(さんぱち)豪雪」と命名されているほどの気象状況だったことがわかります。その事から、今年も普段降らないところが降り、降るべき岩見沢が降らないという稀有な状況が再来していると連想してしまいます。

市民生活的には非常に楽で良いのですが、様々に影響する市内経済循環にとっては、懸念すべき事態とも言えます。何事もほどほどである必要性が身にしみます。

そこで過去の傾向が気になって気象庁の「年ごとの値」を調べてみると・・。

岩見沢過去の降雪量

年間降雪量が5mを下回ったのは4回ですが、10mを上回ったのも4回ありました。そしてグラフにしてみると、岩見沢は大体年間7mぐらいの降雪と言われていますが、思った以上に大きな波があることに気づきます。1961年から1965年は5年間の間に、10m降ったかと思えば4.3mになり、またまた10m降るというジェットコースターのようなデータになっています。ちなみに私が生まれた1970年は過去最高の降雪で11.1mも降っているのですが、両親から「あんたの生まれた年は雪が多い年だった・・」とは聞いたこともありません。不思議なものです。

 

ちなみに、気象庁のデータにはかなり詳しく他の数値も載っているので、何か他のデータと降雪量に関連性を見出すことができないかと頑張ってみたのですが、私の素人解析では雷発生日数も年間日照時間も平均気温もその他諸々を含め、降雪量との相関を見つけることはできませんでした。

それほど、雪がどれぐらい降るかは、お天道さまの気まぐれということでしょうか。

朧気な記憶では、毎年毎年雪には悩まされていて、ほぼ同じぐらいの降雪量かと思いきや、結構なバラつきがあって驚くと共に、人間の記憶や感覚というのもあまりアテにならないことも感じます。

とは言え、どなたか鋭い方がいれば、気象庁のデータから関連性を見つけ出し、岩見沢の降雪予報精度を向上できるかもしれません。お時間ありましたら、このデータとにらめっこしてみては如何でしょう。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=15&block_no=47413&year=1963&month=&day=&view=

 

ちなみに、先日もご紹介したGreen Artistさんのブログでも非常にためになる情報があります。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

明けましておめでとうございます。

〈平成29年1月4日投稿〉

旧年中は格別のご愛顧を賜り心より感謝申し上げます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

今年の年末年始は非常に穏やかな気候で、積雪も岩見沢らしくない状況です。あまり穏やかすぎるのも落ち着きませんが、皆様におかれましては過ごしやすいお正月であったことと思います。今年1年がこの様に平穏で落ち着いた年になることを期待します。

さて、弊社の新年営業は10日よりとさせていただいておりますので、どうかご了承のほど宜しくお願いいたします。しかしその前に、毎年恒例の寒中見舞いを発送させていただきます。

15698110_1275949172464459_3316630756040332103_n

平成28年9月1日に平野建設㈱と㈱高瀬興業が合併し、新たに「株式会社ハイテコス」となったことを含め、ご挨拶をさせていただくことになります。

あらためまして、どうかこれまでと変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

おぉ、コンベックスよお前もか。

いつも一人で測量することが多いので、持ち歩くコンベックス(良くスケールとか言いますが、コンベックスが正式名称の様です)は7.5mの長めのもの。

先日まで2年間使用していた7.5mタイプも、なぜか使用している内に先端が左に捻れてきて、爪部分が上手く引っかからないため、計測物に爪を引っ掛けてコンベックスを伸ばそうとすると音もなく外れてしまい、何度もやり直してはもの凄いストレスに。。

とは言え、結構高い代物なので簡単に買うこともできず・・。

しかし2年ほど使うと流石に錆びてきて、先日油断して一気に巻き上げられてしまったときに、先っぽがブチっと切れてしまってご臨終。

そこで仕方なく新しいものを購入しました。

何と4,000円近いものなので、購入するときにも「エイヤ!」と気合いが必要な具合です。しかも、ちょっと奮発して先端にマグネットがついているタイプです。お陰でカスケードガレージを測る時ももの凄く楽ちんです。

よしよし、新しいものはやっぱり良いなぁ!と喜んでいたのはさっきまでの話。

14456940_1102162539852628_306697229_o

今朝7時50分・・・。

得意の一人測量中。
コンベックスを伸ばしきった状態で固定したままメモしていると・・。

ジュルジュルジュル・・バチン!という音とともに巻き取られてしまう。

嫌な音だなと思って見てみると「あぁ、せっかくの新品が捻れてる・・。」

また使いにくい状態になってしまいました・・(涙)

 

TAJIMA
SFGLM25-75よ。

良いんだ。君は悪くない。。
油断して7mも伸ばしきっていた私が悪いのだ。

でも、君だって少しは良くない。

ロック機能がこんなにやる気がないなんで思ってもいなかった。
ましてや自分の長さ分が急に巻き取られたからって、拗ねて捻れることはないではないか。

そして何をやってもこの捻れた心は戻ろうともしない。

初めてあった面接の時に言っていた、ショックアブソーバー付きというのは嘘だったのかい?
いや良いんだ、きっと私の勘違いだ。

何はともあれ、たった一回、目を離してメモしただけで、拗ねて部屋に急いで引っ込んで、あげくに捻れて悪意をむき出しにするなんて・・。

 

どんなに逆に捻ろうとも戻りはしない。。

君はもう働きたくないかもしれないが、私には君しかいないんだ。
君がどんなに先端部をモノに引っ掛けたくなくて、隙あらば逃げて意地悪してやろうと思っていても、私は必ず君の先端をあらゆるものに引っ掛けつづける。

そう失敗しても、何度でも・・・。

 

〈ちょっとブルーなエクステリアデザイン室〉

ネコ来客。

先ほど事務所に戻ってきたら、レンガの上に綺麗なネコが座ってました。

neko0912

歳の頃では、人間で言う小中学生ぐらいかな?と思われる佇まい&綺麗なグレー。

流石に呼んでも近づいてはきませんでしたが、ほんわかする一場面でありました。

 

そして出がけの我が家のハチ吉。

14315997_1090494637686085_87670736_o

犬と猫では、かなり気品が違うようで・・(笑)