特注カーポート(キャンピングカー用&軽自動車用)

〈平成30年11月19日投稿〉

11月17日(土)は岩見沢市内と砂川市内でカーポートの設置作業がありました。

今回は共に鉄骨製の特注サイズ。

46425098_352687035281067_2514636582246416384_n

こちらは変則のL型3台用。
キャンピングカーも入る様に梁下最低有効高3mを確保しています。


こちらは砂川市内。

46494697_498077603933423_4603363368240152576_n

道路と住宅の奥行きが少ないため、軽自動車を主とした奥行き切り詰めタイプです。


前述の通り、共に鉄骨タイプのため柱本数は1~2台用なら4本柱。変則L型3台用でも僅か6本で、積雪荷重も2m(軽雪想定)に耐えうるものです。

唯一の欠点は鉄製のため、自動車と同じく経年変化で塗装が劣化し、サビが目立ってきてしまうこと。お客様の手でタッチアップや塗装の補修ができて、上手にお付き合いができれば、この様に特注も簡単でオススメの逸品ですね。

〈エクステリア室 室長〉

インターネット見積もり裏話

〈平成30年11月15日投稿〉

よくインターネットで簡単一括お見積り云々・・。全国ネットワークでなんちゃら・・。提携の・・・。などで、格安で工事お見積りをいたします!などのサイトがあると思いますが、その様な複数の業者から、弊社宛にも頻繁に一方的なFAXが届きます。

その送信元はほとんどが東京です。

46261402_1546908265408870_2542325471899549696_n

例えば、岩見沢市内(詳細な個人情報以外、面積、条件等ある程度の詳細情報あり)で◯◯工事希望。価格は◯◯と言われていますので、それより安く施工してくれる元請けを募集。◯◯日まで返信を。的な内容になっています。

ものによっては、他社の見積もり内訳が添付されていて、それより安く施工可能な業者を探しています。などのタイプも・・。

システムとしては決して悪いことではないのでしょうが、これを受信する業者は決してその業者の提携先ではなく、弊社の様に希望してもいないのに勝手にFAXが送られてくる状況。おそらく電話帳やwebサイトなどを元に会社の規模に関わらずにリストを作って一斉送信しているのだろうと思われます。

世の中が性善説で成り立てば困ることはないでしょうが、次があるかどうかわからない受注に対し、信用の蓄積を必要としない受注でどの様な事態が起きるのかは非常に心配です。また、この様なシステムになっている以上、言わずもがな様々なマイナス要因が想定できます。

その様なことを考えていくと、断るときが難しいなど様々な煩わしさはあるかもしれませんが、やはり逃げも隠れもすることのできない地域業者に直接聞いてみるのが一番だと思います。


時代が変化してインターネットがとても便利な様に思えますが、「得したつもりが実は・・・」的なことが普通に発生するのも事実かと思います。

と、余計なお世話ですがシステムの背景はこの様なことになっていることがあります。という紹介でした。

外構工事をご検討のお客様へ!特別キャンペーンのお知らせ

〈平成30年11月13日投稿〉

すでに来春施工物件の打合せも複数進行中ですが、オフシーズンのプランナー(私ですが(笑))に少し余裕がありますので、それとなくキャンペーンのお知らせです。

弊社ではある程度の調整をさせていただくため、今年の4月よりプランの有料化を謳ってまいりました。

yuuryouka

結果として、今年も多くのお客様との良きご縁をいただき、素敵な外構を沢山手がけさせていただくことができましたこと、心より感謝申し上げます。

そこでその感謝の気持ちと、来シーズン当初からの安定受注の一定数確保を兼ねて、「無料にてプラン&お見積り」を提供させていただきたく存じます。

その条件は、

平成30年12月23日(日)までにご相談のお申込みをしていただいた方。(それ以降は忙しくなりそうな予感!)

②真剣に弊社での施工を検討してみたい方で、来年夏までの工事着工を想定していただいている方。

とさせていただきます。

もちろん、弊社提案が気に入らなければ、遠慮なく他社様へ工事のご依頼をしていただければと存じます。

従いまして、もう他社様でほぼ決まっているが、試しにアイデアだけ聞いてみたい&セカンドオピニオン的な発想で、デザインと価格だけを知りたいなどの方はご遠慮いただきたく思います(労力に限界があるため・・(汗))。

もちろん、、他社様と迷いながら、より相性の良い外構業者を探し求めている方などは、メラメラと燃えながら大歓迎いたします。

尚、ご連絡はお電話でもフォームからでも構いませんが、できればフォームからの方が助かります。

電話:0126-22-1355
メールフォーム:https://hi-tcos.jp/sotoya/contact-form/

さて、最近webページの更新がすっかり滞り、まさしくこれからオフシーズンというタイミングにおいて、どの程度のお客様に見ていただけるかわかりませんが、もしこの投稿にご縁がありましたら、何卒ご検討のほど、宜しくお願いいたします。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

間もなく完成!市内高級外構。

〈平成30年11月13日投稿〉

市内で施工していた高級外構ですが、あと僅かの施工待ちをして完成を待つばかりとなっています。

さきほど、久しぶりに晴天が覗いたので、チラッと撮影をしてきました。

P1040637

高級住宅を引き立てる外構として、住宅外観とマッチするように落ち着いたデザインを心がけています。

続きを読む “間もなく完成!市内高級外構。”

危険な塀から徒然に。

〈平成30年10月26日〉

今朝、先日の胆振東部地震をきっかけになされた塀の調査をきっかけに、お見積りをご依頼いただいた2箇所の塀改修現地打合せに伺ってきました。

ここで画像をお見せすることはできませんが、どちらも設置後40年ぐらい経過したもので、ひび割れや傾き等の劣化が著しい。

どちらも放っておくのも危険。しかし簡単に修理することは難しく、危険の無い程度まで切り下げを行うか、本当に危ないと思われる箇所は完全に撤去するしか方法がない。

最も理想的なのは全部撤去してしまって、再度新しい塀を設置し直すことですが、当然それには莫大な費用がかかってしまう。

日頃弊社にご依頼をいただいている幾分経済的に余裕のある方や、いよいよ満を持して念願の外構工事をやると楽しみに依頼していただける方々とは異なり、たまたま相続で受けた家がそうだったとか、長年お住まいになっているご高齢の方のお宅だったりすると、今回の様に地震を契機に発生した突発的な支出に対応できることは困難であると思われ、何とか良い方法を探って見たいと思った次第です。

さて、その帰り道。

なかなか写真を撮るタイミングを失っていたお宅を訪問。
しかし、太陽の方角が宜しく無く、またインターロッキングも朝露で濡れていて断念。

P1040480

また日を改めてトライしてみようと思いますが、毎年挑戦させていただいているSBICの施工写真コンテストの締切は今月一杯。

現在施工中の高級外構は本当にギリギリのところで間に合わない可能性が高くなってきました(汗)

44263662_1998198973572805_3253723157361590272_n

44752993_962860660567561_2261131450474561536_n

それは大変残念ですが、仕方がないので来年の応募に持ち越したいと思っています。

講演のご案内

〈平成30年10月26日投稿〉

本ブログを振り返ると、エクステリアに関係の無いことが続いて本当に恐縮ですが・・・。

10月29日(月)18時30分より、この様な講演会を開催します。恐らくこの小澤社長のことは、TVやwebなどでも話題になったのでご存じの方も多いかと思います。

ozawaterumasa1029

実は弊社エクステリア室長と小澤社長の過去のご縁から開催する運びとなりましたが、人間として純粋に社会に貢献するという方向性や、企業における慢性的な人不足の中で、こういった雇用を検討したいという方々にとっても、とても参考になる講演になるのではないかと感じています。

あらためてその趣旨等をご紹介すると。。

続きを読む “講演のご案内”

ぷらぷらまち歩き2018 in岩見沢

〈平成30年10月26日投稿〉

なかなか更新できない中で、仕事と全く関係ないお話を一つ。

皆様は「ぷらぷらまち歩き」というイベントをご存知ですか?
現在、「炭鉄港」の日本遺産登録が視野に入ってきて、益々産業遺産等が注目を浴びつつある中、本地域における、その仕掛け人的な役割を担ってきたNPO法人 炭鉱の記憶推進事業団が主催するイベントです。

空知各地の炭鉱遺産等々を歩くスピードの時速約4kmでゆっくり各テーマを感じる企画で、数年前から空知各地で開催されています。

今年は全9箇所で、今週末からいよいよ岩見沢で開催です!

201809021839172a0

 10月27日(土)は朝吹家の家紋である「卍」から命名された万字炭鉱で有名な岩見沢栗沢町にある万字地区をジンギスカン鍋博物館館長の溝口氏がガイド。なんと万念寺様の協力の下、お菊人形も見ることが出来る様です。

 翌28日(日)は弊社エクステリアデザイン室 室長の平野が岩見沢駅周辺で見られる「炭鉄港」と岩見沢まちなか歴史散策的な内容でガイドを行います。

 炭鉄港は岩見沢が発展する大きな要素となった石炭輸送のための鉄道。現存するレールセンターから「北炭」のお話などを中心にさせて頂く予定です。

 街中散策は古地図を下に市街地の移り変わりを感じつつ、北海道内で最も古い私立病院である牧病院様にご協力をいただき、岩見沢開拓期から現在までの関わり等々をご紹介させていただく予定となっています。

 今年最後のぷらぷらまち歩きとなっておりますので、ぜひ温かい格好をしてお気軽にご参加ください。詳細はリンク先を御覧ください。

集合場所等はこちらのリンク先を御覧ください。

http://soratan.sakura.ne.jp/3city/purapura2018/

〈エクステリアデザイン室 室長〉

【鉄道EXPO2018 in いわみざわ】のお知らせ

〈平成30年9月20日投稿〉

今年も鉄道EXPOが開催されます。

詳細は下記フライヤーの通りですが、実は弊社はこのイベントの初回からトラス鉄橋の部材運搬で協力をしています。

ekimaru20181

ekimaru20182

今年も同様にトラス鉄橋の部材運搬で協力させていただきますが、そもそも「トラス鉄橋って何??」と思いますよね?

これは来年初旬の日本遺産登録申請が予定されている「炭鉄港」と通じるもので、今から136年前に岩見沢市内で架けられたアメリカ製の鉄橋。その後、非常に数奇な運命を辿り、幾度か命拾いをしながら1999年に岩見沢へ里帰りした鉄橋です。

その様なことから、本イベントのオススメは9月22日(土)14時からの【〈講演〉トラス橋の記憶】です。

2年前に弊社室長が主催したシビックプライド探求部の勉強会での動画がありますので、是非予習してから聞くとより深~くわかると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=gyImyG-LH0A&t=702s

あとは定番の”青い鉄道おもちゃ(ルール上、正式名称は使用できません)”の走行会や本格的なNゲージのジオラマ走行会等々もあります。

早いもので来年3月で10周年を迎える岩見沢複合駅舎。

是非、この機会に足を運んでみては如何でしょうか。

素敵なカーポート

〈平成30年9月13日投稿〉

皆様、台風21号と胆振東部地震に影響は如何でしょうか。

あらためて被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、尊い命を落とされた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

弊社も台風の影響により、大変恐縮ながらエクステリア部門の工事を一時停止させていただき、緊急度の高い倒木等の処理にあたっているところで、現在少しずつ平常を取り戻しつつある状況です。

よってこの影響により、どうしてもエクステリア工事の施工スケジュールに変更が生じてしまい、工事の遅れ、着工の遅れが発生してしまっておりますことをお詫び申し上げます。

該当するお客様には、随時ご連絡をさせていただきますので何卒お許しいただければ幸いです。


さて、昨日近くを通ったついでに、先日完成した現場の様子を撮影してきました。

P1040338

このカーポートはLIXILのソルディーポートという全面採光屋根のもの。さらにアプローチ側に1.8m屋根の張り出しをしているタイプです。
続きを読む “素敵なカーポート”

エクステリア研修会開催

〈平成30年8月28日〉

昨日、8月27日(月)14時より、エクステリア業者による研修会が岩見沢の北海道グリーンランドホテルサンプラザで開催されました。

札幌は当然ながら、遠くは白糠町や旭川など(メーカーさんは仙台からも)、多様な地域から18名の参加があり、日頃のアイデアや懸念事項、技術的なこと等々、様々に意義ある情報交換となりました。

40343002_382646098940461_3969877111082057728_n
〈上画像は加工しておりますが、集まり始めた時の様子。〉

この後、各社10分間(計180分!)のプレゼンを行い、大いに刺激を受け合った中で、身も心も熱した深い懇親会に突入。業者同士ならではの「仲間」として「ライバル」として、とても貴重な刺激をいただきました。

また、これらで得たものをしっかりとお客様にフィードバックしていきたいと思っております。

ご協力賜ったメーカー各位、会場でご協力をいただいたサンプラザ様、そして特別な懇親会を担っていただいたNANAYA様、お集まりいただいた業者各位等、誠にありがとうございました。

〈室長〉