樹木の冬囲いについて

〈令和2年10月21日投稿〉

早いもので今年も冬囲いの心配の時期がきました。

本年度、初めての冬を迎えるお客様も多くいらっしゃいますので、あらためてイメージをご紹介させていただきます。

本来であれば、縄でまとめるだけでなく、竹などで囲ってネットを張って・・・というのが理想ですが、ちょっと面倒でなかなか・・・という方には、ズボラな私のやり方を御覧ください(恥ずかしながら)。

良くシンボルツリーに採用される[株立の広葉樹]などは、雪の重みで枝が折れないように、縄でぐるぐると束ねてしまえばOKです(あくまで私のようなズボラな方に)。

DSC_0196

DSC_0900

株立ちの広葉樹はこれでもOK!

ではコニファーは??

こちらもぐるぐる巻で、雪の重みで枝が開かないようにしてあげる。また、寒気に弱いので寒い風が直接幹に当たらないようなイメージで、ぐるぐる巻にしてあげてください。

DSC_0899

決して職人の仕事ではありません・・。あくまでズボラ仕様でご了承ください(しつこいですね)。

もちろん本来であればこちらのお客様の様に、縄で束ねた後にネットで防護すると完璧です。

DSC_0177

いずれにしても本数が少なければ、ちょっとしたお時間で冬囲いすることが可能です。

ぜひ、愛着ある植栽が来年も見事に映えるように、冬支度をお願いいたします。

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください