素敵なカーポート

〈平成30年8月2日投稿〉

今年もあっという間に8月になってしまいました。

早朝から愛犬の散歩にでかけるのですが、先日、ナナカマドが紅葉を始めているのを見て少し気持ちが焦ってきました(笑)

38003688_1793657634036445_1735059048329379840_n

さて、ここのところ立て続けに木目破風(鼻隠し)のカーポートを設置いたしましたので少しご紹介させていただきます。

まずはこちら。

YKK APのジーポートneoというモデルです。

実は画像ではわかりにくいのですが、アスファルト部の勾配が急で複雑!奥に行くに従いどんどん高くなっていくため、標準のカーポートだと手前は問題なくても奥はミニバンなどでは屋根に当たってしまうことに。

P10400402

そこで今回は、設置高さ自体はセミハイルーフ級としましたが、一番手前の柱はロング柱を使用しており、それでやっと後端部の高さを確保することができています。

また、住宅の色合いを考慮すると、少しの価格差でありますので、オプションの木目破風(屋根周りの部分)を提案させていただいた次第です。

この木目が良い印象を与えていて、実は玄関の位置が高いため、室内からドアを開けると眼の前に屋根があるような圧迫感が出てしまうのですが、木目にすることでその印象がぐっと和らぎます。

P10402492

また玄関アプローチから奥を見た際にも、白い爽やかな物置の奥にちらりと木目の破風が見えるのがさり気ないオシャレ感を高めてくれています。

*ちなみにこのお宅では、住宅購入時に最初から玄関アプローチのインターロッキングと、駐車場のアスファルトのみがあった状況で、それに合わせて全体外構をプランさせていただいたものです。


次のお宅は現在鋭意施工中の現場です。

3年以上前からプランの打合せをさせてもらっていて、途中、休憩もありながら今年、晴れて打合せ再開&契約施工と相成ったお宅です。

住宅前のカーポートをこだわりの逸品として位置づけ、全面採光屋根&アプローチ部に屋根張り出しをすることに決定。

モデルはLIXILのソルディーポートで、積雪150㌢対応で屋根の片側張り出しができる珍しいものです。

P1040270

P1040267

ちなみにこちらも木目破風仕様としています。

高級感が高まって素敵ですね!


更に実はこの周辺は市内でも軟弱地盤と言われるところ。

8本柱なので6本や4本柱に比べると、荷重が分散されて沈下等には強いのですが、それでも張り出し型ゆえ積雪荷重による傾きが心配。

よって簡易的に8本の木杭を打ち込んでいますが、どの杭もスルスルと抵抗なく入っていく様子を見ると、やはり心配は募ります。

37734079_898938683626426_136172204407652352_n

事前協議でも雪下ろしはこまめに行うことが必要という旨をお話させていただいておりますが、いくら杭を打っていても油断は禁物です。

とは言え、このスタイリッシュな雰囲気を見ると、多少雪下ろしの手間が多少増えても、それも楽しみの一つとして作業できそうな気がします。

以上、カーポートのこだわりについて少しだけご紹介させていただきました。

カーポートのみならず、外構全般のデザイン提案についてのご相談はお気軽にお寄せください♪ご家族の潜在イメージを更に高めるご提案をしていきたいと思っております。

〈エクステリアデザイン室 室長〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください