現在施工中の江別市の現場です。

現在施工中の江別市の現場です。
屋根からの落雪がたまり、隣地に越境してしまうのを防ぐための塀。

落雪の大きな衝撃を直接受ける訳ではありませんが、想定外の豪雪も多少考慮しつつ、余裕を持たせた規格で設置しています。

通常の型枠ブロックより幅広の19センチタイプで、これから中にコンクリートが一体化するように充填され、頑丈な塀となります。

積み方も縦の目地を通す組積みではなく、千鳥になる破れ目地積みです。安価な材料でもスタイリッシュに見せられますね。