お菓子のほんだ”岩見沢いなほ公園店”さんのこだわり。

アップルパイで有名なお菓子のほんださんが、今年の6月に新しく岩見沢にお店を出したのはご承知の通りかと思います。http://ringo-club.jp/top.html

 

実はこの岩見沢いなほ公園店には、へぇ!と驚くこだわりがありました。

 

まず看板!

 

P1090905

 

変わった鉄製の看板だとは思っておりましたが、実はこれ鉄道のレールを繋げてできていました。

 

P1090907

 

岩見沢は鉄道の要衝として栄えたまち。その記憶をさりげなく引き立たせる気づかいに驚きます。

 

また、それだけではありません。

 

岩見沢複合駅舎の前にある大きなメタセコイアの木。これは石炭の元になった木と言われていて、鉄道の発展 = 炭鉱の開発 というバックボーンを考えると、これまた岩見沢にゆかりのあるもの。

 

P1090908

 

この岩見沢店のお庭にもさりげなく2本のメタセコイアが植栽されておりました。

 

新たなまちに出店するにあたり、そのまちの記憶をしっかりと取り込み、しかも言われなければ気づかないようなさりげなさで実践する。とっても見事だと感心しています。

 

私もここの専務さんに聞くまで、全く気がつきませんでした。

なんだかステキですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください