‘ 14エスビック施工写真コンテスト

大変、ご無沙汰しております。

昨年中はお世話になりました、本年も宜しくお願いします。

 

毎年恒例の業界大手ブロックメーカーのエスビック㈱の施工写真コンテスト審査会が昨年11月25日に東京・豊島区のホテルベルクラシックにて開催され、私もついに入賞してしまP1080352ったのでございます!

 

応募点数2298点の内、一次審査通過555点の中から最優勝賞6点、優秀賞18点、敢闘賞25点、奨励賞37点が選定されました。

 

委員長:吉田克己氏(エクステリア学会長)、委員:柳沢佳雄氏(エスビック㈱社長)、中澤昭也氏(中庭園設計)、吉田祐治氏(JAG副会長)、小林義幸氏(JPEX関東支部長)、須長一繁氏(草樹会)粟井琢美氏(三井ホーム)、伊藤 英氏(住友林業緑化)、相川浩一(エスビック㈱)の方々で審査が行われました。

 

 

審査基準は①機能性、安全性、デザイン性に優れエスビック製品の特性を発揮している。②建物と調和し街並みとしての存在感を意識させられる作品である。③プライバシーの尊重、ローメンテナンス等話題性に富み、提案性・独自性において水準の高い作品。④立地、構図、背景等、ビジュアル面で完成度の高い作品。との事です。

 

『棚から牡丹餅』かっ!私的には初の快挙でございます。

錚々たる受賞者を拝見し、恐れ多くも気恥ずかしいですが、とても喜ばしい限りです。自分的には、やっと一丁前になった気分を味わった瞬間でもありました。

頂いた賞は、インター部門での敢闘賞で上から3番目の賞でありんす!

エスビックホームページ参照↓↓↓

http://www.s-bic.co.jp/topics/contest2014/index.html

 

これもひとえにこの様な機会を頂いたお客様と施工に携わった担当者並びに職人、作業員の良い仕事してますねぇ~と思われたい一心での努力の賜物と信じて疑わないのであります。

なので、会社とお客様のコラボが無し得た栄誉なのです!もちろん私的にも大変光栄で嬉しい限りですが、この事で調子こいたりしない様に己を戒め、今後もお客様の思いを汲み取りながら、エスビック商品の魅力を遺憾なく発揮出来る様、日々努力と精進を心に誓うウォーッ!(魂の叫び)今日この頃でありますの。

《いしかわ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください