希望の芽2014in夢メッセ-5

P6012079仙台編、最終章でございます。

 

やっつけ的な感じに見えるかも知れませんが、

 

決してそういう訳ではありません。

 

もう昼過ぎには、目は虚ろで歯が疼き、耳鳴り

 

もして来たのであります。

 

昼食も会場の屋台でチャッチャと済ませ、しば

 

らくぼ~っとしてから最後の力を振り絞って再突入であります。

 

 

P6012097最後にグル―っと見落としが無いか一回りし

 

て、地元同業者のグリーンケアさんのブースを

 

見学。どちら様も素晴らしいグレイトな展示で

 

ございますな!

 

後片付ける事を考えると憂鬱に成るとおしゃっ

 

ておられました。

 

IMG_1421もう人混みで疲れ来ってしまったので、少し早

 

いけど仙台港に戻りましょう!

 

さらば青葉城!さらば笹かま!さらばずんだ

 

餅!と行っても港エリアを一歩も出ていないの

 

で何一つ仙台を実感した記憶はございません

 

 

私の祖父は宮城県生れでもあり、貞山公を尊敬もしております、「松島や、あぁ~松島や

 

松島や」も大好!友人夫妻も住んでます。従姉も20年近く住んでいて震災に襲われ、しば

 

らく連絡も取れず大変心配した時期もあります。一体どれ程復興しているのか??

 

港だけみると震災前に訪れた時と遜色無い様にみえました…後ろ髪を引かれます(髪は無

 

いですが…)口惜しや・・・P6012102

 

帰りの船も「いしかり、きそ」では無くて「き

 

たかみ」であります…↓↓↓

 

http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/senpaku/kitakami/

 

待合室で20分位よだれを垂らしながら仮眠zzz…

 

船に乗込み速攻で夕食です。

 

苫小牧-仙台間のきたかみ船旅往復30時間、仙台夢メッセ滞在半日と「きたかみ」を見学に

 

行った様な感がしないでもありませんが…

 

P6012108

昨夜、ここで買った下町のナポレオンが少し残

 

っていたので「昨晩ここで買った物です!」と

 

言うと入口でお姉さんが「昨日も来ました

 

ね!」とニコニコ顔で覚えていたので、フリー

 

パスです。

 

(帰りのしんちゃんもニコニコ顔の図)

 

P6012109行きのしんちゃんが羨ましかったので、¥2,900

 

追加で私も出世してA寝台にしました。

 

大河ドラマを見た後は、AM6:30までグッスリで

 

す。

 

 

 

 

P6022112朝食を終え、まったりとしていると心地よいメ

 

ロディが流れ…スピーカーの音とは違うぞ!と

 

振り返ると、生ピアノのデッキミニコンサー

 

トです。しばし堪能と行きます!

 

そうこうしている内に我、故郷北海道は苫小牧

 

港へフェリーは入港してまいりました。

 

IMG_1429仙台に着いた時も船内アナウンスで「本日の予

 

想最高気温は30℃です。」と苫小牧に到着して

 

も同じ最高気温30℃のアナウンスが…しかしっ

 

入港時刻も1時間しか変わらないけど、仙台の風

 

は生暖かい感じでしたが、北海道はピリッと冷

 

たいのであります。

 

これが仙台と北海道の違いであると実感した今日この頃…

 

やじきた珍道中はこれにて完結でございます。長々ととりとめもないお話。

 

御清聴有難う御座いました。《byいしかわ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください