北陸紀行?(3)

3月20日付けのブログで北陸紀行?(2)というところまで書いておいて、最後の(3)を下書き途中のまま投げておりました。

 

ここにきて、日々追われ気味でブログの更新もままならず・・。あまりの焦りに我がブログノルマの15投稿/月をクリアするための新しいネタすら思い浮かばない中、下書きフォルダに放置してあったネタを発掘&朧気な記憶で追記(汗)

 

 

3月20日ブログより続く・・]

 

 

せっかく金沢市に泊まっているのだから、見られるものは良くみておかねば損!

 

幸いなことに、宿泊したホテルは兼六園と金沢城跡から徒歩5分のところ。という事で、朝6時半から散策開始!

 

まずは業界人なら外してはならない兼六園から!

 

ここは朝6時45分までは無料で見られるため、地元の方々の散歩コースになっていたりするわけです。そんな事も大して気にせず、私が行ったのが入場料がかかるようになった瞬間(汗)

 

でも、これが良かった。

 

自分以外ほとんど人の気配がしない状況下、凜と締まった空気の中で散策できたのは何より贅沢。(行くならこの入場料がかかる瞬間からがオススメかもしれません。)

 

 

2012-03-16 07.02.502012-03-16 07.04.34

 

2012-03-16 07.05.072012-03-16 07.07.20

 

 

 

時期的にもちょうど、、

 

 

2012-03-16 07.05.16

雪吊り外しが始まった時期で、雪囲いが残っているものとそうでないものが混在していた。

 

このような低木に、美しい雪吊りを施す様は何とも贅沢。

こういうのが日本の美しさなんでしょうね。

 

2012-03-16 07.15.35私ももう少し和を勉強して、色々と取り入れていかねばならないと思った次第。

 

 

それにしても奥が深い。

 

 

 

 

金沢城の石垣も見事。

 

こういうところに日本の技術力と美学を感じることができる。ちょっと心の充電。

 

2012-03-16 07.28.14

 

↓公園の中のグレーチングにも、こんな風にカモフラージュしてあったりして・・(笑)

(目の付け所が業者目線・・)

 

2012-03-16 07.31.35

 

また、ちょうどこの頃、お寺の築地塀に関わるプランをつくっていたこともあり、本物の築地塀の構造をマジマジと確認。

 

 

2012-03-16 07.45.282012-03-16 07.45.55

 

こういう構造でも普通にバットレス(控柱)があることに驚く。

 

ちょっと勉強になってたりして・・(笑)

 

 

そんなこんなで、あっと言う間に兼六園&金沢城の一人散策時間は過ぎ、この後は同行チームと合流し金沢の街へ。

 


 

 

金沢といえば武家屋敷

 

2012-03-16 09.29.00

築地塀の笠も、右は瓦、左は板貼り。

きっと身分の差などもあるのでしょう。

 

↓こちらはやたら立派な屋敷。

究極の門かぶり?塀の中から松が突き出てます。

きっと昔はもっと控えめに出ていたのでしょうが、立派に育って・・

 

2012-03-16 09.40.09

 


 

2012-03-16 09.46.20 2012-03-16 09.51.182012-03-16 10.09.09 2012-03-16 10.19.50

 

いいなぁ・・金沢。

 

こんなところに住んでみたい・・。とつい思ってしまう。

 


 

ここで出会った格言。

 

2012-03-16 10.35.00

 

~人はのれんをつくり、のれんが人を育む~

 

色々と錯綜する想いの中で、、、深いであります!

 


 

さて、そんなんで・・(どんなので?)

画像の割に文章が少ないのは、かなり朧気な記憶が原因。

 

さらっとごまかしてしまう投稿ノルマ用ブログで・・(汗)

 

 

この時の家族へのお土産は・・

 

2012-03-16 18.29.31

 

白川郷で出会った赤い人形、、その名も「さるぼぼ」

これはオモチャもなにも無い時代の子ども用の玩具兼お守り。

 

その物語にも深いものがあるのかなと想像は広がります。

 

上の飴は「じろあめ」

 

子ども達的には一休さんが和尚さんの目を盗んで食べた水飴。

 

これが子ども達にも大好評!!

 

割り箸で絡めては夜な夜な食べる代物(笑)

 

 


 

そうそう、、帰りの空港で”見た”(乗ったわけではない)のがボーイング787!

 

2012-03-16 13.17.00

 

イマドキの佇まいで妙なオーラがあって素敵でした。

 

なんか支離滅裂ブログ?(笑)

 

あるある・・、良くある。

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください