連休道東紀行(3:パワースポット編)

(2より続く

 

網走の朝。。

 

学生時代住んでいた下宿とアパートの前を通り、、、「ここに住んでたんだ!」と家族に説明するも、そんなに感動もなく・・(笑)

 

私的には、あまりに様変わりした街の様子に驚き・・(汗)

 

2012-05-05 10.53.46

 

(ちなみにコレが4年生の時に住んでいたアパート。)

 

ぐるりと市内を循環し、網走お約束の監獄博物館へ。。

 

残念ながら、北方警備や北海道開拓に伴う中央道建設に向けたストーリーなどは子ども達には理解されず。

 

ただ単純に見て回る。

 

この博物館、随分とリニューアルされ、私がいた頃とはスケールもクオリティも段違い!

 

NEC_0310 NEC_0311

(左)最後尾で連行される娘

(右)道路建設に向け、もっこで大きな石を運ぶアホ親子&看守役の娘。

 

 

あとは流氷館を見たりしつつ、本日の目玉でもあります。

 

小清水町にある「神の子池」に移動。

 


 

2㎞程度の砂利道をひた走ると・・

こんな神秘的な池があるのです。

 

DSC_1853

 

生憎の曇り空ながら、こんなにも青い水面。

 

DSC_1855

 

連休だというのに、人も少なく神秘的な空気感はそのまま。

 

DSC_1849DSC_1850

 

この水は摩周湖からの伏流水と言われているもの。

規模は小さいながらも、やはり素晴らしい場所でありました。

 

 


 

で、、次は一路、、、知床へ!

 

道中、オシンコシンの滝を間近で見て、

 

2012-05-05 13.44.54 2012-05-05 13.50.05

 

あまりの水しぶきでたっぷりとマイナスイオンを浴び・・

 

 

 

と、、終わらないのが今回の旅の醍醐味(?)

 

 

 

実はこの滝を上からみる事ができるのはナイショ?ってワケではないでしょうが、結構マイナーなスポットのようであります。

 

2012-05-05 14.03.20

 

某所より旧道へ逸れ、通行止めのところまで進んで車を停め、ちょっとだけ歩くと・・・。

 

 

2012-05-05 14.03.40

 

実は多くの観光客が滝を見上げている顔を含め、オシンコシンの滝を上から見ることができる贅沢さ(笑)

 

そんなこんなで、パワースポットとマイナスイオンで癒されつつ(?)ノンビリと知床に到着。

 

第一ホテルのマルスコイバイキングで子ども達を喜ばせ(?)

 

 

あっという間に夜は更けます(笑)

 

 

[4:知床編につづく

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください