(仮称)岩見沢シチズンについて

昨日の北海道新聞に掲載していただいた記事について、、

 

2012-04-28 07.39.47

 

「これなに?」と言われそうなので補足・・・。

 

決して現状批判のものではありません!特定の政治理念に偏るようなものでもありません。また、「市政に提言」と大きく記載されておりますが、これも現状においてはそんな大それた事を近々の目標としているわけでもありません。

 

まずは純粋に若手が集まって色々な事を勉強しましょう!!という趣旨であります。

 

その根幹は、、

 

 

周囲や行政等に依存する傾向が強いと、口からは不満ばかりでてしまうのが今の世の中。

 

そんな中で現状を憂うだけではなく、このままではいけないのでは?と思うような事に関しては、まずは自分達で勉強し自分達なりの答えを模索してみよう!というものであります。

 

そのために、異なるジャンルごとにテーマを定め、毎回そのテーマに沿った詳しい方をお招きしては見識を深めていけるような設えを想定し、複数回同じテーマを掘り下げていくような流れとなる予定です。

 

今回集まったメンバーは、40歳前後のギリギリ若手(?)世代が主体。。(20代も若干おりましたが!)

 

少なくともこれからの社会は我々世代が頑張らないと、ちょっと大変な事になってしまうんじゃないだろうか・・という危機感をもった連中でもあります。

 

でも、例えば岩見沢市政一つとっても、我々には上辺の知識しか持ち合わせていなく、新たな予算編成をみたところで、それを読み取ることすら難しい現実があります。自分の得意な分野以外はまったくもって難解な事ばかり・・。

 

それでは現状が良いのか悪いのかの判断を行うことすら憚れるわけです。

 

まずはそんな判断軸をつくれるような自分達になりましょう!というのが根幹で、そのためにはお互いに勉強しなければならないですよね。。という流れで出来た集まりで、ゆくゆくはあらゆるジャンルに特化して政策提言ができるようになりたいという思いを含みつつ・・。

 

ちなみに、呼びかけ人は岩見沢NEXTという団体を率いている内田君と、和田君、松岡君という昭和46年組、、それに呼応した岩見沢中心部にはなくてはならないzawa.comの佐藤君らの若手が多数。実は座長役とは言え、私も誘っていただいた立場で、現在最年長となってます(汗)

 

一口に勉強すると言っても、かなり大変だろうな・・・と思いつつ、我々の子ども世代の将来を想像した時に、今、こうした行動を起こす事は必ず何らかの役に立つはずだ。という確信だけを持ちつつ、微速前進していこうと思ってます。

 

 

繰り返しますが、特定の政治理念に偏ったものでもなく、現状を批判するようなものではありません。

 

純粋に自分達の見識を高めて行ければと考えております。

 

もし、こういった考えに興味がありましたら、是非お気軽にご参加ください。

 

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください