炭山の光~展示の裏側

今週の9月11日(日)

 

炭鉱の記憶マネジメントセンターで開催されていた、コールマイン研究室炭山の光が終了いたしました。

 

この最終日、、製作者である菊地氏と林氏がギャラリートークと称し、色々な秘話を展開。

 

2011-09-11 16.08.31.jpg

 

そのトーク終了後、あの真っ暗な斜面に浮かび上がる炭鉱住宅のイメージを彷彿させる、圧倒的な雰囲気のあるアートの舞台裏(?)に潜入。。

 

これが展示の様子。。

 

js6WyoLMklmNeo9ake4.jpg

 

 

この裏側がどうなっているかと言うと・・

 

DSC_0894.jpg

 

こんな感じになっていて、黒い布は防草シート!刺さっている透明な棒は韓国のでんぷん爪楊枝が約17,000~18,000本ほど使われているとのこと。

 

これを僅かな蛍光灯で照らしてやると、二つ上の画像のように、山の斜面に炭鉱住宅の灯りがビッチリ並んでいるような感じに見えるのです。

 

ちなみに長屋に見えるように、手前は列で刺して、遠くの方は遠近感を出すためにランダムに刺していくというのも表現上の計算とのこと・・。スゴイ。。

 

DSC_0899.jpg

 

という説明を子どもたちにしてくれる林さん。

 

子どもたちも爪楊枝を一回抜いて、また刺して・・と満喫の様子。

 

DSC_0920.jpg

 

我が娘もじっくりと見学中。。(残念ながら凡人であるがゆえ、英才教育には繋がらないらしいですが・・)

 

 

最後に山崎ワイナリーや宝水ワイナリー等を交えて打ち上げ。。

 

DSC_0922.jpg

 

これを贅沢というのでありましょう♪

 

 

この様子は炭鉱の記憶ブログでも掲載中。。

 

 

この炭鉱の記憶マネジメントセンターでは、次の展示は9月17日(土)10:00~

 

《いわみざわ駅まる。》とのタイアップで、トラス橋プロジェクト  歴史展「幌内鉄道橋梁と土木遺産」が開催されます。

 

 

こちらもお気軽にお越し下さい。

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメント


  1. 住民自治でググると、岩見沢市のウェブが上位にヒットするあたり、かなり注目を集めてますよね。
    先進国イギリスでも行ってお勉強してきましょうか?w

  2. 岩見沢市役所(行政)が住民自治条例というものの理解レベルが、どの程度なのか注目しています。

  3. いしさん
    国内の自治体でも随分と多くの条例化が進められています。ただ、その効果というのがソフト面でしか表れにくく、実際には自治会レベルにもっと権限と決済能力を委譲してしまえば劇的に変わるのでしょうが、そうなると、誰がそれを担うの?各町会や自治会にそんな人いるの?という入り口で頓挫してしまいます。これが残念ながら現状なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください