岩見沢レンガプロジェクト再始動!

昨日、新しい岩見沢レンガプロジェクト事務局の準備として新年会を開催しました。

 

2011-01-17 22.14.56.jpg

 

大きなテーマとしては、「まち再生!」であります。

 

岩見沢に活力を!!という曖昧な枠ではありますが、当然、活力とは経済的、雇用的なものも視野にいれていかなければなりません。

 

そのためのステップとして、まず出来うる事を切り口として3つ。

 

詳しくはそのうち・・

 

 

 

夢をデッカク持ってスタートしていきたいものです(笑)

 

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメント


  1. お疲れさまです!!
    何をしかけるんですか?
    「雇用的なものも視野に入れていかなければ」というお話し、とっても期待してます!!無職ですから(笑)。
    「雇用の確保」と盛んにみなさん言われますが、個人的には「①1人暮らしをして食べていけて、②結婚ができて、③家族を養えて、④親の面倒もみれる」くらいの所得が得られる雇用でなくては、全く意味がないな~と考えます。
    そういうライフステージと所得の連動が全く考えられていないですよね~。
    もちろん仕事の内容によりますが、月10万程度の仕事を増やして雇用の確保といえるのか甚だ疑問です(組合の人間ではありません(^^;))
    この辺のことを、ちゃんとTVで発言してくれているのは、寺島実郎氏くらいでしょうか・・・あとは何だかなぁ~という印象。。。
    風呂無し生活もだいぶ板についてきました。
    下積み芸人の気持ちが非常によく分かる今日この頃です。

  2. ナイスガイN氏へ(笑)
    雇用に関してはもっと先の事になると思われます。
    そう、、N氏が家庭をもって、その子が成人になったころの話?みたいな感覚もアリかなと思ってます(笑)
    “月10万の仕事で雇用の確保”というのも、今ドキの現実ではありますが・・・。それで良いわけはないですよね。何もかも機械やPCがやってくれる時代。面倒な事や単純作業はアウトソーシングで海外へ・・。
    さて、我々のような特徴のない日本人は何をしていけば良いんでしょうね。迷います。
    今度、風呂なしの部屋見せてください。
    また、春以降もその地で暮らせる事を祈ってます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください