単曲線のこだわり!

先週の怒濤の土曜日。

 

実は平面的、立面的共に単曲線で表現される塀にレンガ笠を積む作業をしておりました。

 

昨日、「どれどれ・・・」と現場確認に行くと、どうも1.5mぐらいのスパンに微妙に違和感が。

 

一瞬迷ったものの、やはり”ここはこだわるべき!”と判断し、せっかく積んだレンガを取り外し再度積み直す事に。

 

レンガ笠やりなおし.jpg

 

何とも嫌な作業でありますが・・

ここは仕上がり具合が最優先となるべきところ。

 

 

そのおかげで、、

 

本日、無事積み直し完了!

 

単曲線ウォール.jpg

 

(↑)平面的に単曲線。

 

 

(↓)立面的にも単曲線。

 

単曲線ウォール立面.jpg

 

この表面はジョリパッドの塗り壁で仕上がってまいります。

 

まもなく完成予定の2面単曲線ウォール。。色々と楽しみです♪

 

 

*********

 

 

話は変わって・・

 

その現場の帰り道。

 

ブレイブボード②.jpg

 

ビュンビュンとブレイブボードを乗りこなす我が息子。。

 

あぁ、、もう絶対に勝てない域に行ってしまった・・・(汗)

 

「悔しいぃぃぃぃ!! 」

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメント


  1. 素晴らしい~!曲線!
    こだわりが伝わります!
    新種の暴走族ですか!
    ドリフトはまだですよね(笑)
    たくましく育ってますねぇ!

  2. 天端の単曲線は遣り型も出せず、しかも誤魔化しも難しく、意外と難易度が高いです。でも、優秀な職人さんのおかげで何とかなるもんですね(笑)
    なんと言っても、図面で曲線書く分には非常にお手軽なものの、現地でそれを復元するのが至難の技♪
    さて、暴走族・・
    札幌のN野さんも怪我しなければ良いのですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください