世界大会出場ですかっ!《ヴルストよしだ》ソーセージ!

昨晩、家に帰るとソーセージ等々がごっそり(笑)

 

友人である新十津川のヴルストよしだのオーナー吉田氏が、持ってきてくれた。

 

ヴルストよしだ0216.JPG

 

私は現場に出かけていて会えなかったのですが、なんと!ソーセージの世界大会に出場するため、空知支庁にパスポートを取りに来たらしい(嫁さんからの又聞きなのでちょっと曖昧(笑)) 。。

 

美味しそうなパテの新製品を含め、食べたことないソーセージも色々!しかも見たこともないクラッカー付き。。(本日来客があり、おつまみに出したところ大絶賛!いつも美味しいものをありがとう♪)

 

ちなみに、彼の師匠は静岡県で営んでいるのですが、過去ドイツの世界大会でインターナショナルチャンピオンに輝いた人物とのこと。

 

そりゃ、世界も身近ですわな・・と思うわけです。

 

 

世界かぁ・・

 

世界と言えば・・・

 

 

私も恥ずかしながら、たった一度だけ海外で世界大会というものに出た事があります。

 

 

かれこれ14年ぐらい前になるでしょうか。かなり若かりし日のこと。

 

ISFスノーボードのNIPPONオープンというプロアマ戦があって、その中でアマ最高位はアメリカで行われるマスターズワールドカップ、アメリカのストラットンマウンテンで開催されるUSオープンにご招待というのがあったんですね。

 

そこで当時、勢いのあった私(自分で言うなと・・・(笑))としては、そういうチャンスは逃さなかったんですねぇ。(もちろん、現在はチャンス逃しまくりの駄目オヤジ化しておりますが。)

 

海外では初のワールドカップ。

 

しかも、英語なんてまったく話せませんからっ。

 

英語力的にはグアムで「パン」が食べたくて、、、でも「ブレッド」という言葉が全く出てこなくて・・・、結局食べられなかった苦い経験が。

 

 

そんな程度なんだから自分のスタート順すらよくわからない状態で、レース以外の部分でやたらと神経を使う中、どうやったって勝負になんてなりません。まぁ、、今振り返ればそれも良き思い出で。。(実は写真すら残っていなく、かなり記憶的にも薄れている青春のほんの1ページ程度でありますが。)

 

 

でも日本を飛び出て世界で活躍できるというは、 やっぱり羨ましいんですよね。

 

 

今回のヴルストよしだの世界大会しかり、バンクーバーオリンピックしかり!

 

これからの子ども達はグローバルな視点の中で、日本国内にこだわってちゃだめなんだよな!という思いがあり、我が家の子ども達にはそんな自らの反省と今後の期待を込めた名前がついてます。 (とは言え、まったく英才教育なんぞする気も、能力もありませんが・・・(汗))

 

 

世界かぁ・・・

 

今の俺は岩見沢を出ることすらゆるくない(笑)

 

 

 

吉田くん!目一杯頑張って良い結果を聞かせてください!

 

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

 

コメント


  1. どもども、“明けおめ”でございます。
    我が家も、過去に、
    裏庭に大きな滑り台や秘密基地などを作って、
    子供と遊んだものですが…
    今となっては、
    「そんなこともあったっけねー…」
    と、さらりと流す長男…
    >大きくなったら意外と覚えてないんでしょうかね~
    H野家のかまくらの楽しみってヤツは
    お子達の記憶の片隅に残っていたり
    大きくなった子供が孫のためにかまくら作ったりして、
    伝わっていくんじゃないかな…
    まぁ…
    今年もよろしくってことで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください