タイヤショベルが織りなす人間模様(?)

以前にもそんなエピソード(これは気持ちの良い話)を書いた事がありますが、業界的な縁とでも言いましょうか、私個人としてもシーズンに1度ぐらいは埋まった車を救出する事があるものです。

 

昨日も見通しの利かない吹雪の中、道路脇の雪山に突っ込んでいる車が1台。

 

自宅のすぐ近くが現場という事で、ウチの嫁さんからの通報電話(?)で救出に向かうと、ご年配のかた。

 

雪山車輌救出.jpg

 

私が事務所からオンボロタイヤショベルのエンジンかけて到着するまでしばし待機。

 

その待機中、うちの嫁さんが外で棒立ち。運転手さんは無言で車に戻って待つ・・という状況だったらしい。

 

 

私が到着すると・・

 

ボソッと何か仰られたのは聞こえたのですが、たぶん「すみません・・(ボソ)」という感じだと思う。

 

あっけなく引っ張ったら出たものの、さっさと自分のワイヤー外して何かしてる。

 

それまでまともに私と目が合うこともなく・・

 

やる仕事も一杯あったし、面倒なんで「じゃ、気をつけてね~」と大声で言って帰ってきましたが、なんかあんまり気持ち良くないですよね(笑)

 

突っ込んだ時も、なんだか突っ込んだ時の言い訳ばかり話してたそうで、、、

 

色々な方がいますが、気持ちよく笑顔でお礼ぐらい言ってくれたらお互いにスッキリするのに。と思った次第。。

 

きっと動揺していたせいだとは思いますが、子供達に挨拶しなさいよ~とか言う前に、大人の方が挨拶できない率が高いと思うのは気のせいなのでしょうかね・・

 

 

私も気をつける事にするでござるよ。

 

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメント


  1. ここのところ、すごい雪ですよね…
    屋外の仕事の方は、本当に大変でしょう。
    さて、一言声をかけるということについてですが…
    私も、仕事柄いつも感じていますよ。
    たった一言でなごむ場合もありますし、
    反対に一言付け加えればいいものを…
    と残念な気持ちになることも多くあります。
    また、「ごちそうさま」を子供に強要している割には、
    強要した親は目も合わせないということもありますし…
    お礼が欲しいんじゃないんですよね!
    コミュニケーションが取れなかったことが残念なんですよね。
    少なくとも、自分はそう思われないように
    気を配りたいと思ってます!

  2. 頑固さん
    わかりますわかります♪
    子供に強要した親は目も合わせないって(笑)
    先日、スキーに行って下の娘が小学生ぐらいの男の子に追突されて吹っ飛んでいったんですが、その親は自分は他人事の様な感じで、ぶつかった子供に「駄目でしょ!」ぐらいで行ってしまいました。
    一瞬、”プチっ”と来ましたが、幸い娘も大泣きするほどではなかったので抑えましたが、何とも後味は悪いですよね!って、こんなネタで盛り上がっちゃ駄目ですよねぇ(汗)
    お互い気をつけてまいりましょう♪

  3. 今年もよろしくお願い致します
    さすが空知!、雪ネタ満載ですね
    ブログ拝見! 今年はスキー?(ブーツもスキー用??)
    ですか?真っ正面向きの滑り、想像できません(笑)
    私、この頃 雪が降るのが楽しみでして
    今頃「パウダー」にはまってます。

  4. ヴルストさん
    こちらこそ今年も宜しく。。
    そうそう、、スキーですよ~。もちろんブーツも全部!ウェアだけは十数年前のボードのままですが・・・(汗)
    正対のスポーツも意外と良いものです(笑)
    その内、私のスキー技術を披露するチャンスがあるかどうか・・・。すっかり横向きの乗り物からは遠ざかってしまっておりますよ。。
    パウダーは衰えたカラダにはあんまり優しくなさそうで、ちと怖いですねぇ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください