新春モードはまだまだ続く(汗)

1月7日(水) 18時より岩見沢商工会議所青年部の新春の集いに来賓として出席。

 

《なんと立派な門松!!》

yeg新春の集い2009.JPG

 

この商工青年部には同業者、及びJCの先輩も多数在籍されていて、、、

 

 

M&O氏.JPG入場早々にF蓉建設(株)のM支社長と、(株)H立のO氏がすぐ脇に、、思わず記念に1枚(笑)

 

写真を取り忘れるという滅多にない失敗をしたものの、通称メタボ王子と名高いM淵建設のryogo氏も先進会会長として出席をされておりました。

 

んで、この日のサプライズ。。

 

祝宴の途中、周囲の方々と談笑中に突然「青年会議所理事長の平野様、大変恐縮ですが、ご指名がありましたのでステージにてスピーチを・・」というアナウンス(汗)

 

200901071952000.jpg先輩ばかりいると、”なんとも油断できない”とあらためて実感。(その様子を写メってくれた(右)今年度専務理事のU君、、おぉ~気が利くなぁ♪と思いきやマクロモードだったらしく超ピンぼけ(笑)これもご愛嬌w)

 

んでワタクシ、、残念ながら、唐突のフリで上手く話せるほど優秀な人間ではないので、終わってから「あぁ、、、こう言えば良かった!」とか、「もっとこの話をすれば良かった」などという後悔が山ほど。。。どうせ祝宴中のスピーチなど誰も真剣には聞いてないよね。。とは思うものの、どうせならビシっといきたいと欲は出る・・・次頑張ります(笑)

 

 

栗山JC新年交例会.JPGで、今日8日は栗山JCの新年交例会があり出席。(自分の携帯カメラで撮ったところ、どうやら私もレンズがマクロモードになっていてピンぼけ(汗))

 

そして、ここで新たな失敗をひとつ・・・(汗)

 

来賓紹介として、参加者全員が紹介され一言挨拶の後、拍手をうけるという状況下。

 

「平野義文君率いる(社)岩見沢青年会議所の皆様です。」というアナウンスの後、スマートに「おめでとうございます!」と大きな声で挨拶すれば終了!という流の中で、何故か集中力が切れまくってた私。

 

「はいっ。」と返事し、立ち上がったところで、「あぁ、、結構人きてるんだなぁ」と会場を見回し、頭に雑念がよぎったところで「あれ?オレ何ていうんだっけ????」といきなりフリーズ・・・。「あっ、おめでとうございますだ!と思いついた時には、すでにしどろもどろで3秒経過。。見事に会場から笑いを頂戴してきてしまいました・・・・。栗山の皆様、、ゴメンナサイ。(カッコ悪いったらありゃしない・・(汗))

 

 

 

話は変わって。。。

 

 

最近、自信の無いスピーチをすると何か嫌な汗をかくのです・・・

 

これも体重が増え続け、現在人生最高の重さになってしまったからなのでしょうか。

 

スポーツでもやって解消せねばと思いながら、11日が大事な日。。

 

連日、色々な交例会に出席しておりますが、11日(日)は立場上では私が主役となる(社)岩見沢青年会議所新年交例会があるのです。

 

岩見沢においては、代々、ノー原稿で10分以上のスピーチが恒例になっておりまして、、これまた楽しみでもありつつ、結構なプレッシャーがかかるのです。これが終わるまでは何も手につかない私がおりまする。

 

なのに、まだまったく原稿下書きもできてない私。あははっ。どうしましょう・・・(汗)

 

 

 

9日は、、

 

現場は稼働しているので、みんなチョコチョコと出勤してはいたのですが、実は明日が当社の仕事始め!

 

正月休みで鈍った頭を切り換えねばなりません。

 

んで夜は夕張の交例会・・・(汗)

 

新春モードはまだまだ続く。。

 

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

 

コメント


  1. 今年度のJCの理事長ですもの、あれごときが
    サプライズなどと驚いていてはいけませんよ!!
    逆に、話された時間が短いくらいでしたよ!!
    >汗をかくのです・・・ これも体重が増え続け・・・
    そうなのです!!デブは暑がりなのです!!
    11日はあまり暖房を入れないようにお願いします。
    以上、メタボ王子でした!!

  2. ryogoさん
    あははっ。。短かったですか?(笑)
    M脇氏からは「長いっ」とヤジが飛んだ記憶がw
    うははっ!暖房の件伝えておきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください