DSの修理。

DS修理1031.jpg我が家の長男がもっているニンテンドーのDSlite!

 

先日、ケースが割れてしまいまして、修理にでておりました。

 

その前には長女のDSが同じような事態になりまして、ケース交換となったのですが、このときは何故か無料!客に過失があるのに、そのケース交換が無料だなんて、ニンテンドーってのは凄い会社だなぁ。。と関心しておりました。

 

しかし、今回の長男のは限定版のDSだったので、同じような感じでケース交換といえども、結構高くなっちゃうんだろうな・・と覚悟していたにもかかわらず、ケースがきれいに新品に交換されて3,500円!ほぼ最低補償金額みたいなものと想像できますが。。

 

今回のポイントは金額ではなく!子供がケースに貼っていたポケモンのシールまでわざわざ同じように復元している手の込みよう。

 

さすが子供心を大事にするんだなぁ~と納得!

 

DSシール1031.jpg

 

裏に貼ってあったシールも、元のケースからわざわざはがして新しいケースにほぼ同じ場所に貼り直してある。

 

DSシール表1031.jpg

 

表側に貼ってあったシールも同じように復元してる・・・

 

その証拠に剥がす時にちょっと失敗して折れ目が(笑)

 

それにしても、普通ならケース交換したんだからシールはあきらめてください!というのがメーカーのスタンスだと思うけど、こうやって子供の心を大事にしようというのが感じられる気遣いに感服。

 

色々と勉強になりますゎ!

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメント


  1. 日々、お疲れ様です~!
    そういうきめ細かさをもっている大企業って
    素晴らしいですね!
    この岩見沢もそんなきめ細かいサービスをやらなきゃ
    生き残れないですよね・・・(^_^;)。
    大企業の考え方から学ぶことってホント、色々あると思います。
    どこかのまちづくりをやってる方が話してた言葉で、同じようなこと話してました!中小企業がもっと経営方法を見習わなきゃならないって。その通りだと思います~。
    と、思っている今日この頃でございます(^_^;)。

  2. サービスという概念の根本として、こうやったら喜んでくれるだろうな。。とか、優しさや気遣いが柱としてなければ、こういう事ってできませんよね。
    我が社としても、仕事はボランティアではないので、できる事は限られてきますが、何とか細かいところでも喜んでもらいたいというのが根っ子にあります。(だから儲からんのね(汗)な~んてっ。。)
    なんせ世知辛い世の中ですからねぇ・・
    せめて流れ作業や”こなし仕事”ではなく、心のこもった仕事をしていきたいと思う今日この頃(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください