土日は強行軍!その1

この土日、、、行ってきました!毛陽へ♪

 

往復歩いて・・・(汗)

 

2-4)舗装の上.jpg何かというと、大人と子どものサマースクールin毛陽というJC主催の事業!

 

小学生の子ども約60名、大人約40名程度の行進となりました。 たかだか片道20㎞(?)車でいけばあっという間の距離ながら、徒歩でいくとなると市役所を9時に出発して、延々歩き続け、毛陽についた頃はすでに夕方6時を軽く廻った9時間後(汗)

 

そんなキツ~イ中身を紹介いたしましょう(笑)

私は主催者側の一員として、そして我が子(小学1年生)との参加!

 

9時に市役所をスタートして、まずは利根別原生林(大正池)を目指します。

 


 

 

利根別原生林といえども、萩の山まで抜けるルートとなると、かなりの標高差になります。

慣れない小学1年生チームにはなかなか過酷な環境に、早速集団から遅れ出す始末・・・

 


 

 

やっとついた萩の山から一気に下る様子。

我が息子は冬に滑り慣れてるスキー場の夏の景色にちょっと刺激を受けたようで途端に元気に。。

 


 

 

宮村の入り口で持参した弁当で昼食にしてから、いよいよ幌向川の中を登っていきます。

最初はおっかなびっくり歩く子ども達も、一度滑って転んでしまえばそこはプールと化します。

 


 

 

距離的にはまだまだ残っているのも忘れ、ひたすら水遊びに勤しむ小学1年チーム。

ここは小さな滝があって、3人並んで「小学生の滝登り」の図でした。

気がつけば軽く2時間近くも川の中を歩くハードな行程・・

 


 

 

子ども達を泳がせようと、もう一人のお父さんと手分けして預かった子供達のリュック・・・・。

足腰にきていた私は川底のコケで滑って、見事に半身水没・・・。

子ども達のリュックは完全水没!ゴメンチャイ。

私も耳の中に水が入ってしばらくは「ボーッ」という音につきまとわれる情けなさ。

 


 

 

川から上がったら、すでに夕方4時を廻って、人影も長くなっておりました。

距離的にはまだまだ・・

本当であればここで一の沢、二の沢へと山の中へ入るルートでしたが、時間短縮のため、真っ直ぐ道路を毛陽へ。

 


 

 

キャンプ池につくと協力してお貸しいただいた自衛隊のテント建て!

非常に頑丈な作りで、組立方も指導がなければ建てられない!

 


 

 

この図、凄いでしょ(笑)

このテント、自衛隊の方がいうには冬も使うらしく、マイナス36℃の中で寝たこともあるとか・・・

 

そして、、夕食を済ませた後はメープルロッジでイモ洗い状態入浴と化し、次の日に備え就寝となるのでした・・・。

 

しかし、外気温は10.6℃・・・

 

メチャ寒くてビックリ!

 

 

ウトウトと過ごした一晩はあっという間に早朝を迎えるのです・・・

 

続く・・・

 

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください