職人も腕を上げてきてます(笑)

今月の請求書の打ち合わせに事務所に来た(株)カナザワの社長さん。

 

当社の展示場仕切りの枕木と歩道の間を見て、「これどうするの?」と一言・・・

 

「そのうち手が余ったら自分らで舗装しようかと思って!」と答えると、「ふ~ん・・」と。

 

すると後ほど電話があって、「これからやってあげるわ~♪」との嬉しいプレゼント。

おかげさまで綺麗になりました。アリガトウゴザイマシタ!!

 

これで当社展示場完成度は前回の値から85.9%ぐらいまで上がりました(笑) 「あぁ、、いつになったら完成する事やら・・・・」

 

はいっ。今日の出来事その2!

 

先週末から施工しているインタロッキングアプローチのお宅が今日、アスファルトを除いて完成しました。

そこで現場の確認に行ってみると・・・・・

 

k邸ロシェ.JPG

 

これ、ちょっと写真じゃわからないかもしれませんが、住宅基礎の仕上げが浅かったのと、融雪機があるせいでどうしてもアプローチの中で勾配変化を作らなければならなくって、そこで「ガキっ」と折れるのが何とも嫌な私。

 

「ここはレンガ4つぐらいで緩やかに勾配変化させて!」

 

とか、「曲線の配置も違和感なく水が流れるが如くに!」などと細かい注文を連発します。

 

んで、今回、、、

 

曲線の配置までは口を出してきたのですが、その後の勾配変化などはどうしても立ち会う事ができず、口だけで何度も説明してまいりました。

 

結果、、、完璧でした(笑)

 

「あぁ、、みんな腕を上げたなぁ~」と実感した1日。

 

本当は奥に見える民地石もバーチカルで縦断勾配を決めたかったのですが、融雪機の位置関係でそれは叶わず!あとはアスファルトのすり付けでバッチリと決めましょう(笑)

 

今回のアプローチは最近大人気のエスビック、クリーブランドペイバー/カッスルペイバーで、中のインタロッキングはロシェ/オークルです。 200×200のサイズがやっぱりモダンな雰囲気出せてますのよ。

 

《専務取締役 平野》

http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください