ジョリパッドカラー選択の難しさ・・・

毎度の事ではありますが。。

一発でジョリパッドカラー.JPGこのジョリパッドのカラー選択をできる方にお目にかかった事はありません。

 

なんせ、カラーサンプルだけでも膨大な量になって、しまいにはどれも似たような色に見えてくる不思議さ・・・あげくにはそれぞれの中間色までつくれちゃう親切さ(笑)

 

塀の塗り壁にするにも、、、住宅壁の色に合わせるか、それとも違うポイントに合わせるかでも大きくチョイスが変わってくる難しさ!

 

最後は『好み』という都合が良いのか悪いのかわからない言葉で締めくくるのですが、何度考えても難しい。

 

昨日はたまたま2軒のお客様がジョリパッドのカラー選択になりまして・・

 

そのどちらもビビッドなカラー(?)を好む奥様と、若干守りに入り気味の旦那さまとの会話がデジャブーのようでした(笑)

 

最終的には「平野さんならどうします?」という振りに、「実は私もA型の保守的人間なので、どうしても家壁と同系色で無難にまとめたがる傾向があります・・・」と正直にお答えしてしまうわけで・・・。

 

なかなか前衛的(?)なチョイスをできるほど、私もコジャレてはいないようです。

 

だって、外構工事というのは、なんだかんだと高い買い物!

 

間違っても後悔だけはして欲しくないなぁ・・と思うと土壇場で守りに入ってしまう私でした。

 

自信を持ってこの色が似合うと思います!と言えるように修行せねば・・・・(笑)

 

 

《専務取締役 平野》
http://www.hira-ken.com

 

コメント


  1. なんか悲しさを感じるブログですね(涙)
    桜はその花があまりにも鮮やかで華麗であるのに
    その花咲く時間が短すぎて色々な言葉に使われる
    のです。
    詩吟に「散るサクラ、残るサクラも散るサクラ」
    という、葬儀の時に歌われるのがありますが、サ
    クラはどちらかと言うと悲しい言葉に多用されま
    すよね。

  2. 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿という言葉もあるように、弱いのもまた桜の儚ささのでしょうか(笑)
    ぬぅわ~んて!咲き方と散り方が派手なんでしょうね!やっぱ♪

  3. 現在、新築中です。家の正面はジョリパッド希望です。
    色見本で確認したにもかかわらず、実際にジョリパットを壁に
    塗っていただくと想像していた色よりピンク色になってしまいました。作業は一時中断していただきました。
    イメージとしては、暖色系の淡いオレンジなのですが、今から色を混ぜて壁に模様をつけることは可能でしょうか?
    お忙しいとは、存知ますがご意見をいただきたいと思います。
    よろしくお願い致します。

  4. 斉藤様
    お困りなのでしょうね。
    アドレスを見ると福井県なのでしょうか。暖かいのでしょうね~。こちらは今日はもの凄く寒い日です。
    さて、広い面積に塗ると必ずサンプルよりも明るく見えてしまうのですよね。こればっかりは何度経験を積んでも難しいものと捉えています。
    実際のところ、どこまで塗ったかがわからないため、返答もピントがずれてしまっているかもしれません。
    もし、下塗りが終わっただけの状態であれば模様つけの段階で若干違う色を塗って修正することは十分に可能なのでは?と考えます。ただし、模様つけまでいってるとそのパターンにもよりますが、かなり難しいだろうなと想像します。一旦削り落とすしかないかなと・・・
    ただ、これはあくまで私の想像に過ぎません。
    やはり施工業者もしくはメーカーのアイカ工業(株)に直接聞いてみるのが一番かもしれませんね。
    うまく解決される事をご祈念いたします。
    専務取締役 平野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください