雪の中の暗渠工事

本日完了予定で暗渠排水工事をしてます。

当社は元々農業土木がメインだった事もあり、この辺の工事も実は得意でございましてぇ♪(最近はすっかり農業土木も減ってしまいましたけどね)

 

少し前に合成樹脂管&モミガラ暗渠を施工した事のある場所のお隣になるのですが、今回のリクエストでは、高性能な暗渠にして欲しいとの強い要望!

 

と言うことは、やはり金額はかなり張るのですが、『素焼き土管&ビリ砂利フィルター&管理甲付き』となるのです。

 

本工事、当初は雪が降る前に施工する予定だったのですが、今年は雪も早く、中途半端なタイミングでやるとかえってドロドロで圃場を痛めてしまう恐れがあったので、圧雪の状態を狙って施工しております。

暗渠掘削.jpg

この管が素焼き土管といって、昔ながらの製品ではありますが、暗渠管としてはまだまだ人気の商品です(笑)

素焼き土管.jpg

この素焼き管を掘削床に人力で並べていくわけですが、それもバックホーで正確に掘っていけるからこそ出来る技(ここはレーザーレベルはもとより、重機のオペレーターの腕が何より重要となるのです!)

 

そのキレイに並べた管の上にメッシュのシートを敷いてビリ砂利(砂と砂利の中間みたいな非常に荒い砂です)をフィルター材として投入していくのです。

ビリ砂利投入.jpg

大型ダンプでビリ砂利を搬入するのですが・・・

ビリ搬入.jpg

チリも積もれば・・・という事もあるし、積み込みのクオリティを考慮するとこの様な箱にあけてからバックホーですくうのです。

ビリ砂利受枠.jpg

あとは表土を戻して終わりですが、雪をあまり噛まないようにしないと来春が面倒!!

 

でも、これで今までもの凄く水はけが悪かった圃場が改良されれば言うことなし!(本当に水はけの悪い土地でした。)

 

来春がとても楽しみです。

 

《専務取締役 平野》
http://www.hira-ken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください