【シンプル外構】2宅地分の広々敷地でシンプルなれど未来思考の素敵外構。

こちらのお宅のフロントヤードはアスファルト舗装のみのシンプルな設定!

しかし2宅地分の広い面積のどこで仕切るか、また未来環境を想定してどの様なゾーニングにするかを時間をかけて協議してきました。

そのおかげで、とても効率的なレイアウトになっています。

P1020318

道路側から見ると若干敷地が高いため、シンプルなコンクリート製L型ブロックで土留めを設置しています。

P1020932

 

反対側に目をやると・・

P1020927

この様に、あまりひと目につかないエリアに広々とした人工芝ゾーンと平板ゾーンがあります。

P1020925

平板部は990mm角とそのハーフサイズの組み合わせ。

とてもシンプルですが、全体の無機質なクールさを引き立てる選択です。

 

また、その脇には大きな空地!

P1020921

若干、高さに差があるので、こちらは30cmタイプのコンクリート製L型ブロックで土留めとしています。

そしてこの空地こそが、あっという間に生えてくる雑草が茂ると、家族で遊べる広場に変わります。

その広場と道路を隔離するために、実はガレージは横向きに設置されています。

P1020929

そして、このガレージは布基礎等ではなく単純な束石としているので、将来のニーズに応じて場所を移せるようになっているのがポイントです。

 

この外構は一見シンプルなれど、ご家族のライフスタイルと未来予想を考慮しながら、じっくり考慮された素敵な外構なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)