【シンプル外構】目隠しフェンス&プライベートエリア&駐車場

住宅の前に既存のアスファルト舗装のみあったお宅。
新たに目隠しフェンスを設置し、そのフェンス前の駐車場を拡張する工事となります。

P1110832

フェンスに関しては、冬期間雪の堆積を住宅横に運ぶため、冬期間は取り外しができるようにしています。また費用的にこだわっているのが天然石を使用したコルジェボーダーを用いた門柱と、アルミ木調柱を多用しているところになります。

P11108500

↓コルジェボーダー(黒)とアルミ木調柱(カフェボローニャ)

P1110844

アルミ木調のこだわりは、柱だけでなく門柱の笠木も同色にしています。
ぐっと高級感が高まります。

P1110838

P1110839

設置してあるルーバーフェンスは木製で、一般的な180×90㎝のものなので、劣化したら誰でも容易に手に入れることができるのですぐに交換可能です。飽きたら違う色のものに交換するのも簡単ですね!

そして、その目隠しフェンスの奥は、ちょっとしたプライベートエリアになっています。

P1110782

奥は乱形石タイプのインターロッキング「ティーナ」を土間コンクリートで包み込むデザインとし、その周囲に人工芝、家庭菜園、花壇というレイアウトです。

非常にシンプルながら良くまとまった外構になっていると思います。

P1110854

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.