【高級外構】アプローチを核としたおしゃれフロントヤード

住宅建築後、しばらく外構に手をいれていなかったお宅ですが、この度弊社にご依頼いただき、見事に印象が変わりました!やはり住宅の完成は外構が伴って始めて成り立つと感じます。

また、このお宅は㈱エスビック㈱エスビックのカタログに大きく掲載されたと共に、何と平成29年度の㈱エスビックの年賀状に採用されるという弊社初の快挙となりました。メーカーとして関係取引先、業者等に向けて発送するもので、数パターン存在したのかと伺ったところ、この1パターンだけという光栄な出来事がありました。

P1110862

アプローチはパエリアを使用。横の駐車場との間に出来た曲線の余裕には、人工芝と燻煙枕木の飾りエリアを設置。

P1110867

レンガ砕のエリアは軽自動車が止められるサブパーキングとなっています。

P1110861

その中間にプライベートエリアを配置。

P1110873

エメラルドの背後にはアクシアサークルが見えます。

 

 

P1110879

アクシアサークルは控えめな大きさの4周。アプローチからの動線には同色の30㎝平板を方形敷設。ぐっと可愛らしい印象にすることができています。

P1110869

また、このエリアに行くには、玄関からアプローチを経由しても良し!リビングからデッキを経由してサンダルで降りても良しという状況にしています。暑い日の夕方はこのデッキに座ってアイスを食べながら歩く人を眺めるのも楽しいですね!

 

今回手をかけたのはフロントヤードだけですが、そのコンパクトな中に上手くレイアウトを凝縮できたと思っています。おかげで道路を行き交う人々から注目を浴びる素敵な外構となりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)