【重要なお知らせ】エクステリアプランお申込みをご検討中のお客様へ

〈平成30年3月30日投稿〉

この度、大変心苦しいのですが、新年度における新規お問い合わせより、プランニング・お見積りの有料化を実施することとなりました。ただし、既に弊社にお申込みいただいているお客様、並びに一度でも弊社に工事をご依頼いただいたお客様はこれまで通り無料とさせていただきます。

その概要といたしましては、

■初回ご相談:無料

■プラン作成・お見積り提示:2万円(税込)

■現地測量が必要な場合:状況により1~3万円程度(税込)
〈通常は住宅建築時の図面一式があれば必要ありません。〉

*共に工事契約時には、お支払いいただいた金額分を値引き、若しくは現金返却させていただきますので、実質無料となります。又、カーポート・ガレージのみなどの軽微なお見積りに関しては今まで通り無料とさせていただきます(詳細はご相談ください)。

続きを読む “【重要なお知らせ】エクステリアプランお申込みをご検討中のお客様へ”

今年の快挙!③

②より続く

②で述べた通り、北海道で使用する資材は凍害等の影響を最小限に抑えるため、原則凍害検査をクリアするなど、実績のある資材しかお客様に提案しません。また本州とは定価も異なるため、私が全国版のカタログを見る機会は滅多にないのです。

しかし、北海道版に掲載されていないながらも、道内で使用可能な資材もあったり、またアイデアに詰まった時などに参考にしたりするため、全国版のカタログも時折見ることになります。

P1030214

全国版は北海道版カタログと違い、ページ数も非常に多く、メーカーが扱うほぼ全ての商品が記載され、美しい画像も沢山掲載されている豪華版!

実はこちらの全国版カタログにも弊社の作品が掲載されているのです。

それも大量に・・・。

続きを読む “今年の快挙!③”

今年の快挙!②

〈①より続く

毎年新しいカタログが発行される、国内有数の外構資材メーカーであるエスビック㈱ですが、北海道は寒冷地ゆえ、凍害などの影響を受けないものをセレクトした「北海道セレクト版カタログ」が発行されています。

(凍害の影響を受けないだけでなく、本州と北海道では資材定価が異なることもあり、通常はこちらのカタログしかお客様にお渡しさせていただいていないものです)

P1030229

この北海道版では、長いこと毎年弊社の作品を画像として掲載していただけていますが、2017年度版も驚く状況になっておりました。

続きを読む “今年の快挙!②”

SBIC北海道地区セレクトカタログに弊社施工例が沢山掲載!

先日、道内のエクステリア業界有志で一泊して、エクステリアプラン等の強化合宿が行われました。そこでお招きしたのが、㈱エスビック東京支社デザイン室の相川室長様。とても有意義な合宿となりました。その模様はまた後日ご紹介させていただきます!

 

その中で早速2017年度版のエスビック北海道地区セレクトカタログが完成し、参加者に配布されました。

17692354_1296067103795503_435873004_o

今年はこれまでのA4縦版と異なり、横開き!

早速開いてみると、冒頭の見開きページに様々な施工例が掲載されており、「おっ!弊社のも掲載してくれている!!」と喜んでみると・・。

これも、これも、これも、これも・・これも・・・・。という具合(笑)

どれぐらいの数かと、わかりやすく赤枠で囲ってみると・・・。

17692423_1296067087128838_1503867206_o

17670393_1296067060462174_209719738_o

14作品中、10作品という嬉しい状況。

もちろん製品ページを開いていくと・・

17669042_1296067050462175_1484000688_o

17692427_1296067033795510_1118771693_o

という具合に弊社の施工例が盛りだくさんになっています。

とても光栄なことで嬉しく思います。

まだ出来たてのホヤホヤゆえ、少ししか貰えていないので、あらためて大量に送られてきた時に掲載されているお客様のところへ持参したいと思っています。

今年は春から縁起が良いです♪

 

また、今年の新製品はとても魅力的なものがラインナップされています。これまたプランに取り入れるのが楽しみです。

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

コンテスト受賞式

平成29年2月13日

エスビック㈱の営業本部長さんが東京より、また東北営業所所長さんが仙台より、そして札幌から北海道総代理店のサンエイさんの3名が、大変有難いことに岩見沢まで足を伸ばしていただき、昨年末に発表された「施工写真コンテスト」の授賞式をしていただけました。

16780442_1249369285131952_952134785_n

16754541_1249369068465307_1054435875_n

受賞に関する投稿はこちらからご覧になれます。
http://hi-tcos.jp/blog/2016/19742/

早速、壁に飾らせていただき、無事に壁の一面が全て埋まりました!

16735691_1249368228465391_1900058997_o

来年以降、次の壁に飾っていけるように、より一層努力させていただきたく思っています。

 

また、実はこの日は前述3名の方が岩見沢に宿泊してくれ(2泊)、三船さんの焼き鳥と美味しいNANAYAの石窯ピザをご案内。岩見沢グルメを大いに喜んでいただけました。

その翌日は、更に札幌で受賞された3社3名の方も岩見沢に集まり、総勢7名でことうのホルモンさんで懇親会&深夜のまるよしさんでのポークチャップまでの鉄板コースにてディスカッション。

沢山の情報交換をさせていただき、新春に向けた心の準備も整いつつあります(笑)

今年もより多くのお客様とご縁をいただき、全てのお客様に喜んでいただけることを目指して頑張りたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

キッズスペースをつくらなきゃ!

SOTOYAオフィスも新しくなったことから、小さなお子様連れのご家族が来社した時に、お子さん達が遊びながらそれとなく時間をつぶせるような場所もつくらなきゃ・・と思っております。

そこで閃いたのがこれ!

16129951_1220319524703595_463243292_o

画像では中に弊社ホープのJUNの姿が映っておりますが、この様に大人が入っても大丈夫(?)なほどの大きさの小屋を設置。

これは弊社も良くオリジナルの特注物置などでお世話になっている「ジェンテックス」さんの製品で、【ドッグコテージ(DogCottage】というものの改良版。

「こんな感じで!」と相談したら、子ども達が遊んでも危なく無いように、屋根材を変更してくれたものです。ジェンテックスさん、相変わらず良い仕事をします♪(このジェンテックスさんの製品に関しては、規格品でも特注品でも、まずは弊社にご相談くださればとても良好なお取引ができると思います。)

何とか1月中にはこの周囲を綺麗にして、2月からは本事務所でお客様との打ち合わせを再開したいと考えています。

 

さて、こんな事をしている内に、あっという間に春が来そうで怖いです。

 

◆ジェンテックスさんのwebサイトはこちらから!
http://www.simplehome.co.jp/index.html

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

2016エスビック施工写真コンテスト結果発表!

9月30日のブログでもご紹介させていただきました、2016SBIC施工写真コンテストの結果が発表されました。

弊社は本当に素晴らしいお客様とのご縁に恵まれ、2010年以降ほぼ毎年なんらかの賞を受賞する機会に恵まれており、さすがに今年は・・・。と思いきや、なんと本年においても2部門で受賞することができました。しかも新たな社名である【㈱ハイテコス】として大奮闘です。

ご縁をいただきました全てのお客様、業界関係者の皆様に感謝申し上げます。

「でも、そんなに毎年受賞するって、実は簡単な賞なんでしょ?」と思われるともの凄く心外なのですが、本年も全国からの応募総数は2,216作品。その中から一次審査を通過した593点の中から89作品が受賞となる狭き門!

しかも連続で2部門で受賞というのは、かなりの驚きです。

せっかくなのでその応募作品をご紹介させていただきます♪


①化粧ブロック・新製品・他部門

最優秀賞・優秀賞に次ぐ、上から3番目の順位となる《敢闘賞》をいただきました。

P1000715

 

P1000713

ソーラーライトのエスコートG&エスコートGラインという製品での受賞です。

白い壁の住宅前に、オフホワイトのオールラウンドペイブという高級インターロッキングを敷き詰め、その中にワンポイントとしてソーラーライトをセッティングしています。周囲の照明ともバランスが取れ、とても品のある仕上がりになっています。

 

とても寒い秋口に粘って撮影した甲斐がありました!


②空間提案(プライベートガーデン)部門

上から4番目の順位となる《奨励賞》を受賞させいただきました。

DSC_0978

 

P1100576

こちらはロレアという製品の新色が出たときに真っ先に採用させていただき、その結果メーカーのパンフレットにも採用されたことのあるお宅です。

今回は撮影しなおしてコンテストに応募したもの。

まったくもって、ありがたい事です。


実はこの2作品が選ばれたのは予想外(?)で、自分なりに自信のある作品が他に3点ほどあったのですが、それらは残念ながら賞から漏れてしまいました。こういうところにコンテストの難しさがあります。

大変難しいですが、何かしら選ばれることは何より嬉しいです。

そしてコンテストに応募できるのも、弊社とお客様との出会いがあるからです。これからも心してお客様対応並びに機能性&デザインの技量向上に務めていきたいと思います。

最後に少しだけゲス(?)なお話をすると・・

 

 

新しく移転したSOTOYAオフィスの壁にかかっている表彰状が、ちょうど今回の2枚が届くと壁の1面にピッタリ(笑)

 

P1010267

 

P1010268

しかし壁は4面あるのです。。

来年以降も、まだまだ表彰状を増やしていけるように努力していきたいと思います(笑)

 

いずれにせよ、本年も本当に多くのお客様とご縁をいただきました。そのどれもが我々の自信作です。

来春以降もしっかりと実力を高め、より多くのお客様に期待していただけるように努めていきます。

どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

〈エクステリアデザイン室 室長〉

エクステリアデザイン室SOTOYAオフィス移設中!

これまで築50年以上の古民家を改装して外屋事務所としていましたが、9月1日の合併に伴い、全てのスタッフが本社(旧高瀬興業)に移ったため、旧平野建設本社が「エクステリアデザイン室SOTOYA」として機能することとなりました。

現在はシーズンオフで打ち合わせも少ないことから、時間を見つけては少しずつ手をいれている感じです。とは言え、やり始めると本気になるため、今日もやっぱり汗だくです・・。

ちなみに、、
元々あった机などを処分し、旧外屋事務所から少しだけモノを移動してきた時の様子がこちら。

P1010106

これをジワジワと一人で手をかけ続け、やっと本日ここまできました・・。

P1010205
(↑)お客様との打ち合わせスペース&商品の展示スペースとなります。奥右のグレーのスペースはキッズエリアにしようとイメージを膨らませています。

メインの床は針葉樹合板を半割にし、千鳥に敷き詰めたもの。新たに購入した資材は、その床材としての針葉樹合板と、細かい部分を仕切るタルキ等の木材&塗料等雑材ぐらい。

実質改装費としては、片手で足りる??ぐらいの勢いです。
でも、見た目もそれなり♪

P1010206
(↑)奥側から玄関方向を見た画像。まだまだ殺風景ですが、見本資材が並ぶと雑然となってしまう予定です。

こちらもローコストでそれなりに見えるように工夫が散りばめられています。

 

今後の工程として、11月23日の水曜日に、作業スタッフが一人半日で終わるタイミングがあるので、その時に旧外屋事務所から、新SOTOYAオフィスへの重たい展示物の移動をしようと目論んでおります。

それが終われば、何とかお客様との打ち合わせもこちらでできるようになるかな?と考えているところ。。

 

ちなみに、打ち合わせスペースの奥にあるオフィススペースはこんな感じになっています♪

P1010208

奥のグレーのスペースは公務やまちづくり&市政関連の資料で周囲を固めており、手前のウッドデスクの周辺はエクステリア資料がこれまで以上に整理整頓することができました。

あらゆる切り替えが非常に楽になりました。

 

これが現在のSOTOYAオフィスの改装進捗状況です。来春からはまた大勢のお客様に来社いただけることを楽しみにしています。

まずは近日、改装が完了したら、また細かくご紹介させていただきます!

〈エクステリアデザイン室 室長〉

江別市の外構工事が完成しました。

先日の土曜日。

残りはコンクリート平板に撥水材を塗る作業だけが残っていた現場へ。

P1010099

この現場はモダンな黒い外壁のお宅。

外構もシャープな感じに仕上げるべく、無機質さを全面に出すコンクリート平板をふんだんに使用しました。

P1010094

駐車場側は1m角の大判コンクリート平板を千鳥に敷設。隙間には人工芝を配置してクールになりすぎるのを抑えています。

しかし、コンクリートだけでは単調になるのを抑えきれないため、アプローチを境にパターンを変化させています。

続きを読む “江別市の外構工事が完成しました。”

インスタグラム試行中

あまり使い方は定まっておりませんが、今の風潮に遅れることなきよう、エクステリアデザイン室SOTOYAでインスタグラムを始めてみました。

弊社webサイトにもバナーを追加しましたので、いつでもご覧いただけるかと思います。

instagramsotoya

https://www.instagram.com/ex.sotoya/

 

主たる用途として固まっておりませんが、弊社の過去の施工例が見づらくなってしまっていることから、完成形のイメージはインスタグラムを見た方がイメージしやすいかもしれないな。。と思ってちょっとだけ期待しています。

ブログは施工中の裏話など、、インスタはキャッチーな画像を載せていけると良いかなと考えています。

あまり頻繁に更新はできないとは思いますが、たまに見ていただけると嬉しいです。また、インスタのアカウントをお持ちの方は是非フォローいただくと喜びます♪

 

《エクステリアデザイン室SOTOYA》