札幌市内でのウッドデッキ取替工事。木粉混入樹脂「ひとと木2」デッキへ改修です。

〈平成30年5月31日投稿〉

前回の外構工事から約10年が経過し、その時の業者さんが設置したウッドデッキが腐ってきてしまったため、あらためて入替えのお仕事をご依頼をいただきました。

こちらがその着手前です。

P1030350

これがどうなったかと言うと!

続きを読む “札幌市内でのウッドデッキ取替工事。木粉混入樹脂「ひとと木2」デッキへ改修です。”

三協アルミのラステラ全色登場♪

出張から戻って事務所に行くと、適度なサイズの段ボールが届いてました。

何かと思って開いてみると・・。

三協アルミのガーデンフロア ラステラの新色2種類のサンプルでした。

このラステラは、通常のウッドデッキに比べ、非常にモダンな仕上がりになるため、今風の住宅にピッタリマッチします。

今年施工した物件も和洋折衷の要素を強めたのですが、その中にしっかり違和感なく収まり、尚かつ高級感を増長する役割を担ってくれています。

P1120301

ちなみに、これまで発売されていたのが、グレーマーブルとブラックマーブルの2色(下画像の右から2つめまで)。

15007953_1149120785156803_1526759379_o

今回出たのは、左からホワイトマーブル、テラコッタマーブルの2色。

画像でみるとちょっと印象が異なりますが、実物は質感もあって、4色それぞれに特徴的で素敵です。

サンプルは弊社にありますので、是非ご覧になっていただければと思います。

 

〈エクステリアデザイン室〉

現在施工中の現場から徒然に。

岩見沢は神社祭りから百餅まつりと大変賑やかな週末となっていましたね。
お盆が終わり、更にこのお祭りが終わると、一雨ごとに寒くなり、あっという間に冬がきてしまうような気がして、色々と気が急くような気がします。

とは言え、月日が経つのは本当に早いので、雪が降るまえにガレージやカーポートなどを設置したいと考えている方はそろそろ施工枠が埋まってきてしまいますので、お早めにお問い合わせいただければと思います。

さて、現在施工中の物件の中から、ちょっと特徴的なネタをご紹介してみたいと思います。

***********

こちらのお宅はナチュラル系です。

古枕木のアプローチは天然芝がアクセント!
家族が集うフリーエリアも天然芝で、小さなお子さんも喜ぶステキなお庭が出現中です。

その芝の前には色温度の高い赤いレンガ砕を敷くことで、雑草取りの手間に煩わされることなく、広い敷地にインパクトを与えています。

14333601_1166306873428690_2372893402683759668_n

そしてこの”ウッドデッキ”は、世間一般に言う「ハードウッド」で、セランガンバツ材を使っています。高価なウリンなどと比べるとリーズナブルで人気の材料です。

この現場では当面塗装を行わず、無塗装の雰囲気を楽しむこととなりましたが、淡黄褐色が味のある様相を見せてくれます。

ちなみいにセランガンバツの比重は0.94と言われています。よくデッキ材などで使用するツーバイ材などは0.5程度と言われていますので、同じ体積で2倍近くの重さになります。残念ながら(?)筏にはならない木です。

パッと見、束柱も細いですが、それだけの強度を有しているので安心です。何せビスを打つのも固くて、ドリルで下穴をあけなければ割れてしまう様な木なのです。

************

こちらの現場では、ナチュラル系とは大きく異なり、モダンなデザイナーズ住宅を引き立てる機能的でオシャレな外構を施工中です。

14358714_1166303460095698_8852337725957481293_n

ちなみにこれは、ブロックの中全体にコンクリートを充填できる「型枠ブロック」 (フレコン型枠ブロックとも言います)ですが、わざと1段おきに端のブロックを半分に切って、縦目地をずらす施工をしています。

よくあるねずみ色の軽量ブロックと意匠性は変わらないフレコンブロックですが、目地を通さないことにより、ちょっとオシャレになるでしょう?(ちょっと汚く写っている天端は最後にモルタルで綺麗に仕上がります。)

こんな目地仕上げもちょっとしたこだわりなのです。

*************

こちらの現場は美唄市で施工中のお宅。

アプローチ前のカーポートは、破風(鼻隠し)を木調にすることで、住宅窓枠や周囲のナチュラルさにマッチしてデザインの相乗効果を高めてくれます。少しの金額増でインパクトは数段アップしますね。

14264059_1167375396655171_6291520224814012414_n

そしてこのアクシア・サークルが敷かれている場所は人工芝に囲まれ、プライベートのドッグランになります。

そして、手前の枕木の支柱は、冬期間取り外せるルーバーフェンスが設置され、奥の丸太の部分は屋根の落雪で壊れないように、支柱ごとドッグランネットを取り外せるようになってます。

我が家も犬を飼っておりますが、この様なドッグランを是非つくってみたい!と思いつつ、なかなか出来ない今日このごろです・・・(笑)

《エクステリアデザイン室》

今日のエクステリア報告

本日、大型外構が一件完成しました。

途中、雨が多かったりと予定も狂ってしまいましたが、非常に良い出来映えです。

P1120221

広いフロントヤードを明るく見せるためにインターロッキング「パエリア」を広めに敷設。ただ広いだけだと金額だけ余計にかかってしまうので、間口を広く見せるスタイルでレイアウト。

続きを読む “今日のエクステリア報告”

雨降り外構

とある現場での打ち合わせの途中に寄ってみました。

現在アスファルト舗装とバックヤードの一部の施工待ちで、間もなく完成の現場です。

フロントヤードは明るい印象。バックヤードは高級感ある雰囲気で!とっても素敵な外構ができつつあります。

P1120208

広いフロントヤードはインターロッキングのパエリアを効果的にレイアウトすることで、更に広く見えます。ワンポイントの人工芝と植栽等も良い感じ!

続きを読む “雨降り外構”

やっとブログ再開。

1ヶ月に15投稿という自分に課したブログノルマを完全に諦め、ここしばらく仕事も出来ずに専念していたこと。

 

祝勝式.jpg

 

大事な岩見沢の将来に関わる市長選挙において、日本独自の悪評高い(?)選挙システム。

 

大音量選挙カーでの遊説という手法の中での重責を担う遊説隊長という任務。

 

 

最前線ゆえ、候補の意志や世間の空気を敏感に感じ取る事ができるポジションであります。 (もちろん、我々はたまたま表面に出るごく一部であって、実際には多くの方々の裏方の力が何より重要な部分。。)

 

市内の皆様には、連日連夜、大音量で大変失礼をいたしましたが、現在の選挙法においては、これをやるのが最もベターな方法となってしまうのも致し方なく、どこかで効果への疑問とご迷惑を考慮しながらも、今出来うる事に全力を尽くすしかないものでもあります。(早くネット解禁を含め、選挙活動そのもののやり方を変えていかなければ、この国の政治隔離は益々進んでしまうと思われます・・。)

 

 

そんな怒濤の1週間(準備も入れると半月以上)、まったく仕事も手につかず、多くのお客様にプランもお待ちいただきながらの後ろ髪引かれつつの半月。

 

昨日、安堵の夜を迎えさせていただきました。

 

{今回は両候補共に素晴らしい方であるとお伝えさせていただくと同時に、現職候補は将来へのビジョン、そして狭義ではなく広義の意識の中で、個人的にも共感し絶対の自信を持って押させていただいた次第です。というのを補足させていだたきます。}

 

 

そんな色々な事を後回しにさせていただいた半月間、、、

 

続きを読む “やっとブログ再開。”

プチ施工例更新(?)

ここのところ、すっかりエクステリア関連のブログを更新していなかった事に気づく・・(汗)

 

って事で軽~く紹介。。

 

 

 

スミマセン!本体の施工例をいつまでも更新できないので、見事に誤魔化しです(涙)

 

続きを読む “プチ施工例更新(?)”

対マンホール蓋!一勝一敗。。

本日。

 

諸事情あって、マンホールの蓋を開けねばならない。

 

そこで近くの現場にいるコンドー君へ電話。。「ちょっとマンホール測量するの手伝ってくれない?」と。。

 

すると、「え~っ・・・?」とやたらとつれない返事。

 

それもそのはず、近くの現場では本日最後の仕上げとなることを目指して、コンドー君も力仕事に勤しんでいたところ。。

 

その事情を察し、それじゃ自分一人でやるか・・・と車の中を物色し、なんとか使えそうな道具をチョイス。

 

 

その敵はコレ!

 

マンホール蓋.jpg

 

通常、このマンホール蓋というのは、隙間にビッチリ土砂が詰まってしまうので、ちょっとやそっとじゃ動かないし開かない。

 

大きなハンマーなんかでガンガン叩いてやっと動くかな?という程度が普通なのに、今回はこの小バリだけで難なく開く。

 

 

おぉ!オレも昔測量屋さんに勤めていた頃、随分とマンホールの蓋開けたっけ!と、過去の記憶を思い出しつつ、オレも捨てたもんじゃないなぁ~と勘違いしていると何か変・・

 

続きを読む “対マンホール蓋!一勝一敗。。”